日本の酒を楽しみつくす試飲会型イベント「STYLE J.SAKE」開催! 日時:2018年9月1日(土)12:00〜15:00 場所:ホテルメトロポリタン エドモント 主催:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会
スポンサーリンク

由紀の酒 Best of the year 2017

 由紀の酒-日本酒談義-管理人が勝手に選ぶ、由紀の酒 Best of the year。2017年に自宅で飲んだお酒の中でもっとも心に残ったお酒を紹介いたします。居酒屋さんや試飲会などで飲んだお酒は含まれません。尚、非売品のようなお酒や殿堂入りしているお酒もノミネートからははずれております。

 ノミネートと言う以上、年末の最終選考まで残っていたお酒があります。普段一般公開はしておりませんがブログに掲載したお酒には200点満点の数値があります。高得点だった21本を二部門に分けてまずは紹介いたします。二部門とは、一升瓶換算価格で4,000円くらいまではコストパフォーマンス部門。それ以上はとびっきり部門としております。ただし価格帯がコストパフォーマンス部門でもとびっきり部門はあくまで無差別なので、そちらに入る場合もあります。今回はとびっきり部門7本、コストパフォーマンス部門は14本でした。

由紀の酒 Best of the year 2017 ノミネート(入賞酒)

日付ノミネートタイトル(入賞酒)部門
2017/01/04風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採りとびっきり部門
2017/01/19小左衛門(こざえもん)「純米大吟醸」斗瓶採り出品酒とびっきり部門
2017/01/26黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号2016とびっきり部門
2017/02/04常きげん(じょうきげん)「純米大吟醸」KISS of FIREとびっきり部門
2017/02/19結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2017/03/05秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒コストパフォーマンス部門
2017/03/18AKABU(あかぶ)「純米吟醸」結の香コストパフォーマンス部門
2017/04/06津島屋(つしまや)「純米吟醸」廣島産八反錦無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2017/04/10津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2017/04/18勲碧(くんぺき)「純米大吟醸」あらばしり杜氏渾身ノ酒とびっきり部門
2017/05/15津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春とびっきり部門
2017/06/01からはし「純米吟醸」山田錦コストパフォーマンス部門
2017/06/03結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2017/06/22夜明け前(よあけまえ)「純米吟醸」しずくどり生一本生酒コストパフォーマンス部門
2017/07/20結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐雄町池田酒店別誂コストパフォーマンス部門
2017/10/12萩の露(はぎのつゆ)「特別純米」十水仕込 雨垂れ石を穿つコストパフォーマンス部門
2017/10/20結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町ひやおろしコストパフォーマンス部門
2017/10/22二兎(にと)「純米吟醸」出羽燦々五十五生原酒コストパフォーマンス部門
2017/10/27羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2017/11/21結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」金賞受賞酒とびっきり部門
2017/12/26夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟生酒28BYコストパフォーマンス部門

過去の由紀の酒 Best of the year

 発表の前に過去にはどのようなお酒が選ばれているのか?を紹介いたします。まずは殿堂入りしているお酒から…。殿堂入りとは、もはや我が家にとって、なくてはならない存在となったお酒たちです。

由紀の酒 Best of the year殿堂入り

日付殿堂入り部門
2004/03/30蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」空とびっきり部門
2004/06/01南部美人(なんぶびじん)「純米大吟醸」斗瓶囲い しずく酒とびっきり部門
2005/01/19黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋とびっきり部門
2005/06/28松の寿(まつのことぶき)「純米吟醸」山田錦コストパフォーマンス部門
2006/05/19開運(かいうん)「大吟醸」波瀬正吉 斗瓶取り無濾過生酒6-ホとびっきり部門
2007/10/09歓びの泉(よろこびのいずみ)「大吟醸」極至中汲雄町斗瓶選びとびっきり部門
2007/11/14十四代(じゅうよんだい)「特別本醸造」本丸銘柄の全てを殿堂入り
2007/01/17而今(じこん)「特別純米」九号酵母無濾過生コストパフォーマンス部門
2015/03/04松の寿(まつのことぶき)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒26BYコストパフォーマンス部門

年度別 由紀の酒 Best of the year 金賞

 そして、下記が過去の金賞受賞酒です。こうして見直していると、毎年素晴らしいお酒に出会えて嬉しいかぎりです。

年度受賞タイトル部門
2001年黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋とびっきり部門
2002年東一(あづまいち)「純米大吟醸」雫取り斗瓶貯蔵生とびっきり部門
2003年初亀「大吟醸」中汲みとびっきり部門
飛露喜「特別純米」無ろ過生原酒コストパフォーマンス部門
2004年開運「大吟醸」波瀬正吉6-ハとびっきり部門
天領「大吟醸」天領古酒コストパフォーマンス部門
2005年開運「大吟醸」波瀬正吉6-ニとびっきり部門
松の寿「純米吟醸」山田錦コストパフォーマンス部門
2006年旭興「大吟醸」出品酒とびっきり部門
十四代「吟醸」吟撰播州山田錦生詰コストパフォーマンス部門
2007年来福「純米大吟醸」ひたち錦一割五分磨とびっきり部門
十四代「特別本醸造」本丸コストパフォーマンス部門
而今「特別純米」九号酵母無濾過生特別賞
孝の司「純米吟醸」山田錦無濾過生特別賞
2008年天壽「大吟醸」鳥海の雫とびっきり部門
孝の司「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2009年龍力「純米大吟醸」秋津生とびっきり部門
風の森「純米大吟醸」しぼり華キヌヒカリコストパフォーマンス部門
2010年磯自慢「純米大吟醸」中取り35 2001とびっきり部門
信濃錦「特別純米」生原酒コストパフォーマンス部門
2011年勝駒「大吟醸」特吟23BYとびっきり部門
黒龍「純米吟醸」22BYコストパフォーマンス部門
2012年醴泉「大吟醸」蘭奢待とびっきり部門
花陽浴「純米吟醸」山田錦袋吊無濾過生原酒コストパフォーマンス部門
2013年九郎治(くろうじ)「大吟醸」熟成古酒とびっきり部門
羽根屋(はねや)「純米吟醸」煌火(きらび)生原酒コストパフォーマンス部門
2014年南部美人(なんぶびじん)「純米大吟醸」大吟醸純米仕込とびっきり部門
寫楽(しゃらく)「純米吟醸」なごしざけコストパフォーマンス部門
2015年梵(ぼん)「純米大吟醸」超吟2014とびっきり部門
廣戸川(ひろとがわ)「純米大吟醸」夢の香コストパフォーマンス部門
松の寿(まつのことぶき)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒26BY特別賞
2016年英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒とびっきり部門
結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒コストパフォーマンス部門

由紀の酒 Best of the year 2017 金賞

そして~
発表!勝手に選ぶ!由紀の酒 Best of the year 2017は

とびっきり部門

津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春
津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春

 とびっきり部門としての価格帯は、これまで南部美人の大吟醸純米仕込みが、一升瓶価格5,000円(税別)と最安値でしたが、それを超えました。本来4,000円くらいまではコストパフォーマンス部門なのですが、飲んだ瞬間に完全に「とびっきり」でした。

 味わいは上品で香りからのストーリーを感じます。いい酒だなぁ。何か落ち着く。いかにも争いを好まないと言う穏やかな性格が伺える。いつも心に余裕があり、リラックスさせてくれます。

 御代桜さんは原料処理においても設備投資がすすみましたので、今後がさらに楽しみです。

コストパフォーマンス部門

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町ひやおろし
結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町ひやおろし

 21本中、5本も入賞した「結ゆい」。中でもこの「ひやおろし」は絶品でした。結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐雄町池田酒店別誂と、夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟生酒28BYとで迷いましたが、落ち着いた中でも結ゆいらしい甘味が秀逸でした。

 まるで舌が多孔質ガラスろ過材にでもなったかのように、重力をも無視して全方向から甘味を吸い上げる。直後には表面は乾いているかのようにサラッとして収束。

 いよいよ年始は日本酒ランキング2017です。日本酒ブログの方ではなく、由紀の酒の方での発表となります。本サイト「由紀の酒」もRSS登録お願いいたします。

由紀の酒をFeedlyでフォロー

由紀の酒 Best of the yearに関するリンク

由紀の酒 Best of the year 2017

由紀の酒 Best of the year 2016

由紀の酒 Best of the year 2015

由紀の酒 Best of the year 2014

由紀の酒 Best of the year 2013

由紀の酒 Best of the year 2012

由紀の酒 Best of the year 2011

由紀の酒 Best of the year 2010

由紀の酒 Best of the year 2009

由紀の酒 Best of the year 2008

由紀の酒 Best of the year 2007

由紀の酒 Best of the year 2006

由紀の酒 Best of the year 2005

由紀の酒 Best of the year 2004

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL