由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲み

初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲み

 昨晩は静岡県の初亀醸造さんが醸す、初亀「斗瓶大吟醸」10BYと初亀「中汲み大吟醸」15BYを飲み比べいたしました。同スペックのお酒ですが、前者は酒のきまたさんにて氷温で5年熟成させた秘蔵酒で、もとやす氏&みかん嬢の大阪披露宴に持ち込んだお酒の残りを持ち帰ったものです。後者は同じく酒のきまたさんが、娘の誕生祝いとしてくださったものです。(感謝)

 上立ち香は、10BYが心地よい甘味を含んだような「ほんわー」と溶けてしまいそうな感じなのに対して、15BYはやや淡くほんのり香る程度。飲み間違えた?と思ったほど逆のパターンでしたが、15BYは開栓直後のためまだ香りが開いてなかったのかも。(2時間くらい前に開栓しておくべきでした。。。)

初亀(はつかめ)「大吟醸」斗瓶取り

 含むと、10BYは「心地よいほのかな甘味」と言う、同じ印象の含み香と旨みが広がり、滑らかなまるい味わい。またもや「ほんわー」と体の力が抜けてしまいそう。15BYは一転して、スッキリとしていて以前飲んだときの印象と同じ、冬のしんと静まり返った、研ぎ澄まされたような朝の空気を感じ、背筋をピンと伸ばしたくなります。

 こうして飲み比べると、15BYにやや若さを感じるものの、いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)。誰もが、どちらかだけ!なんて言う究極の選択はしたくないことでしょう。(笑)



初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲み データ

醸造元:初亀醸造株式会社(静岡県志太郡岡部町)
使用米:麹米、掛米共、兵庫県東条町産山田錦35%精米
使用酵母:協会14号
日本酒度:+5
酸度:1.2
アルコール度:16.0~16.9
仕込み水:南アルプス伏流水
杜氏:滝上秀三
720ml 10,500円

初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲みに関するリンク

初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲み(日本酒ラベル)

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました