由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。

特別純米・純米

2,500円以上4,000円未満

英君(えいくん)「特別純米」エイクン・ザ・ノース

昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「特別純米」エイクン・ザ・ノースを飲んだ感想。これは単焦点レンズの開放で捉えたキバナコスモスだ。美味しい部分は焦点の合っている「しべ」部分に集約。しかし背景部分のとろける描写の中にも、その片鱗となる葉の描写が点在。
2,500円以上4,000円未満

開運(かいうん)「純米」山田錦無濾過生酒

静岡県の株式会社土井酒造場さんが醸す、開運(かいうん)「純米」山田錦無濾過生酒を飲んだ感想。美しい。この品の良い美しさ!これは、睡蓮のチャールズ・ウィンチだ!。シリーズの中ではもっとも洗練された質感。秀逸なのは中心部分の肌理の細かさ。
2,500円以上4,000円未満

開運(かいうん)「純米」誉富士無濾過生酒

静岡県の株式会社土井酒造場さんが醸す、開運(かいうん)「純米」誉富士無濾過生酒を飲んだ感想。この美しい旨味のグラデーション。これは、睡蓮のブルズ・アイだ!。シリーズの中ではもっとも赤みの強い美しい花弁は、中心部分で次々と開花待ち。将来の楽しみをも見せてくれます。
2,500円以上4,000円未満

開運(かいうん)「純米」赤磐雄町無濾過生酒

静岡県の株式会社土井酒造場さんが醸す、開運(かいうん)「純米」赤磐雄町無濾過生酒を飲んだ感想。愛山の妖艶さには届かないものの、シベとのコントラストは優る睡蓮の「バヨーブルー」だ。シベに混ざる赤みが、全体のグラデーションを整える。
2,500円以上4,000円未満

開運(かいうん)「純米」山田穂無濾過生酒

静岡県の株式会社土井酒造場さんが醸す、開運(かいうん)「純米」山田穂無濾過生酒を飲んだ感想。エッジがシャープで色彩はバランス。これは、睡蓮の「ピンクフラミンゴ」だ。細身のシャープな花弁が八重に重なり、色彩と共にバランスを見せる。
2,500円以上4,000円未満

開運(かいうん)「純米」愛山無濾過生酒

静岡県の株式会社土井酒造場さんが醸す、開運(かいうん)「純米」愛山無濾過生原酒を飲んだ感想。ん~何でしょう?、このハイブリッドなイメージ。これは、ぱっと見は妖艶なほどのメリハリのあるコントラストながら、全体のバランスはそう感じさせない睡蓮の「しずく」だ。素晴らしい色合い。
2,000円以上2,500円未満

大関(おおぜき)「純米」ワンカップにごり酒

兵庫県の大関株式会社さんが醸す、大関(おおぜき)「純米」ワンカップにごり酒を飲んだ感想。このさわやかな甘さ!、これはお洒落女子が花を撮影した「ゆるふわ写真」だ。おっさんでは到達できない感性。絶妙なふわふわ♪。
2,000円以上2,500円未満

信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒

長野県の酒造株式会社長生社さんが醸す、信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒を飲んだ感想。この感触!。纏った時の落ち着き!。これは使い込んで馴染んだバスタオルだ。平面ではない適度な起伏。いかにも柔らかい感触。
2,500円以上4,000円未満

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂真中採り

奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂真中採りを飲んだ感想。何だろう?この整合性。風の森と言えば、こう来てこう!と言った感じ。ぶれてないっすね~。もちろんそれがわかりやすいのは、開栓仕立て。ただ、開栓後に少々ガス感が消えてもしばらく維持される世界観。
2,500円以上4,000円未満

磯自慢(いそじまん)「特別純米」山田錦58

静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「特別純米」山田錦58を飲んだ感想。この瞬間の美しさ!。これは、先日仕事から帰宅して車から降りたとき、偶然見ることができたふたご座流星群だ。大三角形を横切るように走った二筋の流星。
2,500円以上4,000円未満

花盛(はなざかり)「純米」雄町60しずく生原酒

岐阜県の花盛(はなもり)酒造株式会社さんが醸す、花盛(はなざかり)「純米」雄町60しずく生原酒を飲んだ感想。この旨味のまとまり!、箱にいかに効率よく球体を充填するかを突き詰めたら、ボロノイ・セルとなったようにぎっしり詰ってます。温度を変えたら、はじけるのかな?。いや、はじけた様を見たいのではなく、最端部の隙間を見てみたい!。
2,500円以上4,000円未満

花盛(はなざかり)「特別純米」ひだほまれ60しずく生原酒

岐阜県の花盛酒造株式会社さんが醸す、花盛(はなざかり)「特別純米」ひだほまれ60しずく生原酒を飲んだ感想。まっすぐな旨味、食には柔軟性を見せつつ、しなやかな様はまさに竹。竹と言っても性別は女性で、気が付けばギュンっと天に向かって伸びるも、素材としては他の力を柔軟に吸収し、何ともたおやかに跳ね返す。
2,500円以上4,000円未満

龍力(たつりき)「特別純米」神力無濾過生原酒

兵庫県の株式会社本田商店さんが醸す、龍力(たつりき)「特別純米」神力無濾過生原酒を飲んだ感想。この膨らみをどう表現するか?。抑えられた甘味を露骨によろこぶわけではなく抑制しているからか?小鼻も膨らむ。余韻のお後もよろしいようで…。
2,500円以上4,000円未満

風の森(かぜのもり)「純米」愛山しぼり華

奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米」愛山しぼり華を飲んだ感想。プチプチ炭酸、プルプル甘味の一連の流れ。それはまるでタピオカがメロンソーダの中に入っていて、口中をブルンブルンさせているよう。
2,500円以上4,000円未満

龍力(たつりき)「特別純米」山田穂無濾過生原酒

兵庫県の株式会社本田商店さんが醸す、龍力(たつりき)「特別純米」山田穂無濾過生原酒を飲んだ感想。この抵抗感のない入りから、中盤の膨らみ、後半の巻取り!、これは船舶の推進時にできる水の流れだ!。船尾にできる渦(うず)はいつまでも見ていられそうです。
2,500円以上4,000円未満

結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み29BY

茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒29BYを飲んだ感想。真っ白な幕が、除幕式よろしく一瞬でばさっと降りる。中から華のある作品が登場すると、観客から「おお」と歓声が上がる。ベテランのスタッフが下りた幕を見事に巻き取る。
2,500円以上4,000円未満

三芳菊(みよしきく)「特別純米」山田錦限定おりがらみ

徳島県の三芳菊酒造株式会社さんが醸す、三芳菊(みよしきく)「特別純米」阿波山田錦限定おりがらみを飲んだ感想。程よい甘味とほのかな酸味が、天秤よろしく左右に揺れる。やや左の甘味に傾いているか?、思わず目をとじてしまう優しい甘味。
2,500円以上4,000円未満

三芳菊(みよしきく)「特別純米」阿波五百万石限定おりがらみ

徳島県の三芳菊酒造株式会社さんが醸す、三芳菊(みよしぎく)「特別純米」阿波五百万石限定おりがらみを飲んだ感想。何ともいい感じのにじみ具合。これがまた可愛らしい。口角を上げ、やや上目遣いで何やらおねだり。もっ、しょうがないなぁ、っとすぐに財布の紐がゆるむ。貰うものをもらうとすぐにぴゅ~っと何処かへ走っていってしまいました。
2,000円以上2,500円未満

白川郷(しらかわごう)「純米」にごり酒

岐阜県の株式会社三輪酒造さんが醸す、白川郷(しらかわごう)「純米」にごり酒を飲んだ感想。多めに含みゴクリと飲み込む。まるでつるっとうどんを飲み込んでいるような滑り。そしてうどんよりわかりやすい穀物様の旨味。
2,500円以上4,000円未満

萩の露(はぎのつゆ)「特別純米」十水仕込 雨垂れ石を穿つ

滋賀県の株式会社福井弥平商店さんが醸す、萩の露(はぎのつゆ)「特別純米」十水仕込 雨垂れ石を穿つを飲んだ感想。これは「きしめん」だ!。起伏を感じさせない平らに伸ばされた甘味。つるっとした滑り良い喉ごし。押すと跳ね返るような弾力ある飲み応え。
2,500円以上4,000円未満

而今(じこん)「特別純米」火入れ2016BY

 昨晩は三重県の木屋正酒造合資会社さんが醸す、而今(じこん)「特別純米」火入れ2016BYをいただきました。  本当に手に入らなくなってしまったので、このところブログで紹介できていない而今です。今回の三泊四日関東遠征ツアーで、...
2,500円以上4,000円未満

津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒

 昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒をいただきました。  裏ラベルには、当家創業時の屋号である「津島屋」は、日本酒の限りない可能性への新たなる挑戦と、...
2,500円以上4,000円未満

津島屋(つしまや)「純米」石狩産吟風無濾過生原酒

 昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)「純米」石狩産吟風無濾過生原酒をいただきました。  「津島屋」は創業当時の屋号で、もともとは活気溢れる宿場町の団子茶屋からのスタートだったそうです。人々の触れ...
2,500円以上4,000円未満

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)

 昨晩は新潟県の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米」扁平精米豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)をいただきました。  タイトルは例によって、扁平精米は割愛させていただいております。精米歩合が非公...
2,500円以上4,000円未満

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬(いかき)採り

奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬(いかき)採りを飲んだ感想。なるほど濃いのに透明感と言うイメージがわかります。それはまるで、ぶあつい手吹きガラスを通して見る景色のよう。美しい透明感ながら微妙な歪みは、甘味が場面を揺らしています。
2,000円以上2,500円未満

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華

奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華を飲んだ感想。展開がゆっくりなところは昔の純愛ドラマのよう。意味の分からない展開はない分、安心して飲んでいられます。後半は、こうなったらいいのになぁと思う通りのハッピーエンド。
2,500円以上4,000円未満

英君(えいくん)「純米」愛山ノ山廃

 先日飲んだお酒の紹介です。静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米」愛山ノ山廃をいただきました。  なぜいつもの書き出し「昨晩は…」ではないのか?。それは瞬殺してしまったからです。4GBで購入して失敗した!...
2,500円以上4,000円未満

廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」

福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」を飲んだ感想。先ほどの穏やかなたたずまいとは打って変わって、旨みが突進してきます。最初から全弾フルスイングかよ。やってくれるぜ。物足りないとばかりに突進は止まらない。小刻みに左右に体をスイング。幅のある動きだ。
2,500円以上4,000円未満

雁木(がんぎ)「純米」ノ壱無濾過生原酒

 昨晩は山口県の八百新酒造株式会社さんが醸す、雁木(がんぎ)「純米」ノ壱無濾過生原酒をいただきました。  ※1.雁木(がんぎ)「純米吟醸」無濾過生原酒を飲んでから、すっかりファンになってしまった筆者です。しかし、残念ながらいつ...
2,500円以上4,000円未満

英君(えいくん)「純米」ゴクゴク純米14

 先日飲んだお酒の紹介です。静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米」ゴクゴク純米14をいただきました。  酒販店さんの情報によると、仕込段階でグルコース濃度を高く保つことで、低アルコールにしても日本酒本来の...
タイトルとURLをコピーしました