由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

英君(えいくん)「純米」EIKUN holic

英君(えいくん)「純米」EIKUN HOLIC

 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米」EIKUN holicをいただきました。

 英君中毒と言う名のこのお酒は、恵比寿にある日本酒バー「GEM by moto」の千葉麻里絵さんと英君酒造のコラボで実現いたしました。静岡酵母と低グルテリン米を使用することで、独特の香り成分「4mmp(4-メルカプト-4-​メチル-2ペンタノン)」を出すんだそう。ワインのソービニオンブランに感じるような香りとのことです。

 全国8店舗、1,500本限定で発売されました。8店舗の中に、地元一宮の「酒のきまた」さんがあったのはラッキーでした。6月8日現在で、酒のきまたさん分は全て完売だそうです。

 2021-06-13追記

はせがわ酒店:在庫僅か
酒の秋山:在庫300本

 2021-06-21追記

はせがわ酒店:在庫なし
酒の秋山:在庫僅か

 尚、下記のデータ表には、いつにも増して細かいデータを書きましたが、出所は英さんです(笑)。あっ、種麹を聞くのを忘れたなぁ。英さん補足お願いいたします(爆)。

スポンサーリンク

英君(えいくん)「純米」EIKUN holic レビュー

 開栓は6月8日(火)で、ほとんど開栓直後のレビューとなります。開栓前にチルド保存したので、品温は低目からスタート。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんど着いておらず、比較的綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、鮮烈に華やかで心地よく、フローラルを思わせるように香ります。正直マスカットやグレープフルーツと言う先入観があったのですが、何かの花を思わせます。HD-1(静岡酵母)単体で、こんなにもツンっと弾ける香りは初めてです。気持ち良い香りです。追記です。二日目にはライチとなりました。

 含むと、…、爽やかな酸。第一印象はまさにこれで、その後ほのかな甘みがきます。後半の捌けは良好で、低タンパク米らしさがでています。

 少し温度が上がって、いつもの飲用温度(10度くらいか?)。場面変化と言っても良いくらいイメージが違います。香りもマイルドになり爽やかとはまた違ったフローラル。さっきの温度では第一印象が酸でしたが、今度は甘味が少し押し返し絶妙なバランスとなっています。トータルで思い起こすと甘味は強くはないので、酸が馴染んだ印象です。

 もう一度注意深く含む。これはフクシア・ローキーだ!。これまでの概念を覆すにふさわしい色のグラデーション。貴婦人のイヤリングと言われている花だが、あの青紫に入る赤い筋は、飲んだものを「マジか!」と言わすに十分。素晴らしい。旨いっす。

フクシア・ローキー

フクシア・ローキー 2020-05-03撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
f/4、1/400sec、ISO-100、WB-4400K

 この日に合わせたのは、先日自分に好評だった親子丼アゲイン。鶏のもも肉は正直どんな日本酒にも合うのでしょうが、今回のテーマは概念を覆す。引き締めの山椒が爽やかで、EIKUN holicとも爽やかどうしタッグを組んでました。お試しあれ。どちらが英さんでどちらが麻里絵さんなんだろう?(笑)。

 そう言えば自分が、恵比寿にある日本酒バー「GEM by moto」を訪れたのは、2019年9月。SAKETIMES編集長の小池さん、お酒ミライの神奈川建一さんとでした。また行きたいなぁ。

小池SAKETIMES編集長、神奈川建一さんと


英君(えいくん)「純米」EIKUN holic データ

醸造元英君酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
使用酵母静岡HD-1
使用米みずほのか70%精米
日本酒度-4.3
酸度2.11
アミノ酸度0.38
アルコール度16度
杜氏粒來保彦
製造年月2021/06
容量720ml
価格3,000円(税別)
購入酒のきまた

英君(えいくん)「純米」EIKUN holic YouTube

Eikun junmai EIKUN holic Eikun junmai EIKUN holic

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



英君(えいくん)「純米」EIKUN holicに関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 英君(えいくん)英君酒造株式会社

英君酒造 – Eikun Sake Brewery
GEM by moto
恵比寿エリアの恵比寿×日本酒バー、GEM by motoのオフィシャルページです。お店の基本情報やメニュー情報などをご紹介しています。

英君(えいくん)「純米」EIKUN holicに関するブログ

英君(えいくん)「特別純米」エイクン・ザ・ノース
昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「特別純米」エイクン・ザ・ノースを飲んだ感想。これは単焦点レンズの開放で捉えたキバナコスモスだ。美味しい部分は焦点の合っている「しべ」部分に集約。しかし背景部分のとろける描写の中にも、その片鱗となる葉の描写が点在。

EIKUN holicの感想ブログ募集中、お知らせください。

関連記事

コメント