日本酒談義はGoogole+からfacebookに移行しました。皆様の書き込みをお待ちしております。
スポンサーリンク

信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒

信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒

 少し前に一升瓶ながら、瞬殺してしまったお酒の紹介です。長野県の酒造株式会社長生社さんが醸す、信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒をいただきました。

 このお酒は由紀の酒と古くから親交のある埼玉県で税別3,000円までの純米酒をブラインドで利き分けるお酒の会「楽酒之会」の楽酒之会臨時小使いさんに頂きました。感謝♪。

 このスペックの火入れバージョンは、一升瓶価格1,858円(税別)と言う破格の旨い純米酒として有名です。由紀の酒でも2008年9月に紹介しておりますが、その後も酒のひろせさんで購入できることを知り、以前はよく飲んでおりました。すみません、久しぶりです。

 今回のは無濾過生原酒と言うことで火入れバージョンよりは幾分価格もUPしていますが、お値打ちであることに変わりはありません。

 開栓は三週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんどついておらず、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、比較的華やかでマスカットのように香ります。すでにフレッシュジューシーなのが想像できるような我が家好みの香り。

 含むと、はい♪、やはり間違いありません。好みの甘味の起伏。メリハリと言うほど強いものではなく、何の違和感もなく喉を通ります。フレッシュでもガス感というようなものではなく、もぎたて果実のソフトなジュワ甘。後半は程よい酸が締め、適度な余韻を残しながら引き上げていきます。ええ~バランスやぁ。

 もう一度注意深く含む。この感触!。纏った時の落ち着き!。これは使い込んで馴染んだバスタオルだ。平面ではない適度な起伏。いかにも柔らかい感触。旨いっす。

使い込んで馴染んだバスタオル

バスタオル Bath towel 2019-03-28
SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/2.8、1/45sec、ISO-100

 この時合わせたのは、大好きな浜松餃子。肉餃子だとニンニクも相まって、多少お酒を選ぶような気がするが、浜松餃子はメインがキャベツだからいいんですよね~。優しい野菜の甘味と、信濃鶴の甘味でふんわり包まれます。お試しあれ。

 久しぶりに飲んですこぶる旨かったので、酒のひろせさんで火入れも何本か買ってきましたが、すでに瞬殺しております。追加購入の時には記念モデルも見つけたので、そのうち紹介いたします。あっ、この無濾過生原酒はひろせさんでは4月に入荷予定だそうです。

信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒 データ

醸造元酒造株式会社長生社(長野県駒ヶ根市)
使用米飯島町産美山錦60%精米
使用酵母
日本酒度+6
酸度1.2
アルコール度16度
仕込水中央アルプス伏流水(中硬水)
杜氏北原岳志
製造年月H30.12
容量1.8L
価格2,259円(税別)
購入楽酒之会臨時小使いさんに頂きました。

信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 長野県 > 信濃鶴(しなのつる)酒造株式会社長生社

専務取締役杜氏の純米酒ブログ
当時専務だったころから11年続いていたブログですが、現在は更新停止中。

楽酒之会事務局長補佐のページ

信濃鶴(しなのつる)「純米」無濾過生原酒に関するブログ

2008/09/08 信濃鶴(しなのつる)「純米」

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました