由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100

天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100

 昨晩は奈良県の美吉野醸造株式会社さんが醸す、天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100をいただきました。

 ラベルは前回紹介したSAKE100同様にシンプルですが、自分の撮影方法では非常に悩まされます。白を基調としたグランドに、彩りを思わせる虹色の光沢文字。この文字がほとんど写りません。しかしながら自称、酒瓶写真家としては何とかするのが腕の見せ所。全面のレフ板に文字への反射部分だけ黒い紙を貼り、後はPhotoshopのレタッチで見栄えを整えなんとかこんな感じになりました。

 このお酒は9月に東京へお上りした時に、SAKETIMES の小池編集長から頂いたものです。感謝♪。

 SAKE100(サケハンドレッド)は「100年誇れる1本を。」を掲げ、展開される最高級日本酒ブランドです。またこの天彩(あまいろ)を醸す美吉野醸造さんは「花巴」で知られ、全量、酵母無添加、奈良県産米での仕込みとなっています。酒で酒を仕込むのが貴醸酒ですが、この天彩(あまいろ)は「累乗仕込み」と言うことで、貴醸酒で酒を仕込むことで、老舗に代々伝わる秘伝のタレのように、累乗に累乗を重ねることで、濃縮されたオリジナルな味わいをめざしています。

天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100 レビュー

 開栓は二週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に五分目ほど注ぎます。色は貴醸酒らしくほんのり山吹色。透明感はそこそこで、無濾過を思わせるような澄み方です。

 上立ち香は穏やかながら明確に、を思わせる香り。何故か思い浮かんだ鉛筆の香り。

 含むと、想定以上にあっさり軽い甘味、すぐ後に続いて軽い酸味。味わいが軽いのはアルコール度も関連しているか?。後半は酸が効いて収束を向かえます。

 これは燗を付けた方が、その特徴を活かせるか?と思い、人肌までつけてみました。平盃で頂くと、香りのイメージが穏やかになり、含みもスムーズに。甘味酸味のバランスも崩れることなく、なだらかな稜線を見せる。

 もう一度注意深く含む。好きな人には「たまらない!」であろう軽い甘味。これは、一見モノトーン?かと思わせるモクビャッコウ。撮影的に本来好みなのはf8まで絞ったシャッキっとした描写だが、このお酒のイメージは開放で撮影した、周辺減光している被写界深度の浅い、なだらかな美しいボケの方。旨いっす。

モクビャッコウ(木百紅)

モクビャッコウ(木百紅) 2019-10-08
SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/60 C MMJ
f/2.8、1/500sec、ISO-100、60mm、WB-6050K

 SNSの写真アカウントに以前掲載したのはf8まで絞った描写の方です。

モクビャッコウ(木百紅)f/8

モクビャッコウ(木百紅) 2019-10-08
SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/60 C MMJ
f/8、1/125sec、ISO-100、60mm、WB-5900K

 この日合わせたのは、食後のデザート。トップバリューの不揃いイチゴのホワイトチョココーティング。イチゴの酸味とホワイトチョコレートの甘味♪。ややお酒を食い気味だが、マジで旨いのでお試しあれ。

↑これはアフィリエイト(広告)ではありません。安心して?アクセスしてみてくださいね。


天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100 データ

醸造元美吉野醸造株式会社(奈良県吉野郡吉野町)
使用酵母無添加
使用米奈良県産米70%精米
日本酒度
酸度
アミノ酸度
アルコール度12度
仕込水大峰山系伏流水(軟水)
杜氏橋本晃明(兼蔵元)
製造年月2019/08
容量500ml
価格7,300円(税込み、蔵直出荷により送料別)
購入いただきもの

天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100のYouTube

天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100 Amairo junmai kijoshu sake100

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100に関するリンク

美吉野醸造株式会社さんオフィシャルサイト

天彩(あまいろ)「純米」貴醸酒SAKE100に関するブログ

2019/12/30 深豊(しんほう)「純米」SAKE100

お酒ミライ > SAKE100試飲会レポート 新世代プレミアムブランドをとことん味わってきた!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました