由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BY

白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BY

 昨晩は愛知県の澤田酒造株式会社さんが醸す、白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BYをいただきました。

 由紀の酒-日本酒談義-では、オンライン日本酒会を開催させていただいております。先日は白老を楽しむ会と言うことで、白老の蔵元杜氏、澤田英敏さんにも参加いただけました。その時の様子は由紀の酒YouTubeチャンネルにUPしておりますので、皆さまもぜひ白老を用意してご覧ください。バーチャル蔵見学も必見です。

 このお酒はその時に用意したもので、他に飲み比べができるように「純米」槽場直汲生原酒や、「大吟醸」全国出品入賞酒、「純米大吟醸」夢吟香も購入したので、順に紹介していきます。

白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BY レビュー

 開栓は11月1日(日)で三週間ほど経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。色は僅かに黄色がかり、比較的綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、穏やかで明確でないものの、白桃を思わせるように香ります。吟醸グラスに移し替えてイメージできた白桃で、非常に安心感のある香りです。

 含むと、…、…、うん♪。旨い!。ひやおろしらしい落ち着いた丸みのある甘い味わい。自分が持っていた白老のイメージからすると洗練されたものを感じますが、何処かにちゃんと白老のストーリーを感じさせてくれます。後半で僅かな酸の後押しもあり、若水らしいほんのり苦みと共に捌けていきます。何処までも飲み進んでいけそうなイメージ。昔ひやおろしに時々感じたネガティブな部分は微塵もありません。

 もう一度注意深く含む。これは白老ストーリーならぬ「ラブストーリー(ダリア)」だ。洗練された色合い、滑らかな色のグラデーション。派手過ぎることなく、安心して眺めていることができます。旨いっす。

ラブストーリー(ダリア)

ラブストーリー(ダリア) 2020-11-22撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
f/4、1/500sec、ISO-100、50mm、WB-5150K

 この日合わせたのは、炭焼き地鶏。黄色味がかった脂や歯ごたえ抜群の食感、旨味。絶妙な塩味と白老のコラボレーション。お試しあれ。


白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BY データ

醸造元澤田酒造株式会社(愛知県常滑市)
使用米愛知県知多半島常滑産若水65%精米
使用酵母協会9号酵母
日本酒度+2
酸度2.0
アミノ酸度1.9
アルコール度17度以上18度未満
仕込水知多半島丘陵地湧水(硬度23 超軟水)
酒母の一部、知多半島伏流水(硬度120 中硬水)
杜氏澤田英敏(蔵元杜氏)
製造年月2019/12
出荷年月2020/10
容量720ml
価格1,400円(税別)
購入澤田酒造株式会社

白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BYに関するYouTube

白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BY Hakurou junmai wakamizu hiyaoroshi 2019BY

オンライン日本酒会(白老を楽しむ会)↓

由紀の酒オンライン日本酒会「白老」

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BYに関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 白老(はくろう)澤田酒造株式会社

澤田酒造株式会社さんオフィシャルサイト

白老(はくろう)「純米」若水冷やおろし2019BYに関するブログ

白老(はくろう)「大吟醸」全国出品入賞酒2019BY
愛知県の澤田酒造株式会社さんが醸す、白老(はくろう)「大吟醸」全国新酒鑑評会出品入賞酒2019BYを飲んだ感想。静寂の中に一瞬見せる美しい描写。これはダリア・チェリードロップだ!。ピント面は開放の薄すぎるものではなく、ここからここまでと言う範囲を、まるで飲み手の心をわかっているかのように描写する。色も飽和することなく、限界の赤を描写する。
白老(はくろう)「純米大吟醸」あいち夢吟香2019BY
愛知県の澤田酒造株式会社さんが醸す、白老(はくろう)「純米大吟醸」あいち夢吟香2019BYを飲んだ感想。これは、逆光で照らし出されたパンパスグラスだ!。キリキリと描写された穂、ヤシコンzeissの僅か六枚の絞り羽根だからこそ出る、キラリと光り伸びる六本の光芒。絶妙な色合いのグラデーション。
白老(はくろう)「純米」若水槽場直汲生原酒2019BY
愛知県の澤田酒造株式会社さんが醸す、白老(はくろう)「純米」若水槽場直汲生原酒2019BYを飲んだ感想。このシャープなエッジ!、これは花弁が開ききる前のガザニアだ。心地よい陰影の描写は、花弁のテクスチャーも表現する。適度なメリハリ。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました