由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BY

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BY

 昨晩は福島県の松崎酒造株式会社さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BYをいただきました。

 ※1.由紀の酒 Best of the year 2015のコストパフォーマンス部門に廣戸川(ひろとがわ)「純米大吟醸」夢の香を選出させていただいて以来、お気に入り銘柄となっております。

 これまでに「純米吟醸」や「特別純米」も飲ませていただいておりますが、いずれも使用米は夢の香でした。今回はあの廣戸川が初めて山田錦を仕込んだと言うことで、お取り寄せいたしました。ここのところは由紀の酒オンライン日本酒会で立て続けにお酒を仕入れるので、冷蔵庫のお酒スペースがかなり広がっております。少々家族の視線も冷たくなってきております(笑)。

 ちなみに以前の蔵元表記は「松崎酒造店」となっていたと記憶していますが、今回※2.蔵元オフィシャルサイトも発見し確認したところ、2018年10月に社名を松崎酒造株式会社に変更したようです。

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BY レビュー

 開栓は10月21日(水)で1週間ほど経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。綺麗に澄んでおり、色もほとんど着いていません。

 上立ち香は、程よく穏やかにメロンを思わせるように香ります。無理して香りを出しましたと言う感じではなく、あくまで自然に香るところが好印象。いい香りです。

 含むと、…、程よい甘味。適度な弾力を保った旨味と共に、ここでも自然に甘味を堪能させてもらえます。酸も突出することなくバランス良く旨味に深みを与え、後半で捌けの助けもしています。なんだ?、お酒からオーラすら感じます。

 もう一度注意深く含む。語り継がれるレベルのバランス。これは、美しい薄紅のコスモスだ。全体のトーンは明るく、そこに存在感のあるコスモスが揺れる。繊細な描写テクスチャーもあり、落ち着く自然な全体像。旨いっす。

薄紅のコスモス

薄紅のコスモス 2020-10-16撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
f/8、1/400sec、ISO-100、5750K

 この日に合わせたのは、〆サバ。王道と思われる「廣戸川」だからこそ、絶対合うと分かっているもので至福の時を。鯖の甘味、旨味が「廣戸川」の甘味を増幅させる♪、お試しあれ。


廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BY データ

醸造元松崎酒造株式会社(福島県岩瀬郡天栄村)
使用米山田錦50%精米
日本酒度
酸度
アルコール度15度
仕込水釈迦堂川伏流水(軟水)
杜氏松崎祐行(兼蔵元)
製造年月2020/08
容量720ml
価格1,900円(税別)
購入酒やの鍵本

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BYに関するYouTube

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BY Hirotogawa junmaiginjo yamadanishiki

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BYに関するリンク

由紀の酒 > 日本酒ガイド > 廣戸川(ひろとがわ)松崎酒造店

※2.松崎酒造株式会社さんオフィシャルサイト

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」山田錦R1BYに関するブログ

廣戸川(ひろとがわ)「純米大吟醸」夢の香
福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「純米大吟醸」夢の香を飲んだ感想。何なんでしょう?、この違和感のなさ。すでに、そこにいて当たり前のような存在になってます。人肌までの燗でこの馴染みは同様に楽しめるが、冷酒での馴染みが秀逸。
廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」無濾過生原酒
福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」無濾過生原酒を飲んだ感想。メリハリがないわけではないが、急に突出することがない。しいて言えば音程ではなく音量で、無音部分でドキっとさせられます。サーと言う音すらない正にノーノイズ。
廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」
福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」を飲んだ感想。来たぁ~、これまた程よい甘味が、ほどほどにほどけます。飲み手との間合いを計っているかのようなリードジャブ。「こんなジャブでは、物足りねーぜ!。」と踏み込もうとすると、何かを狙っているような目の奥の光。
廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」
福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」を飲んだ感想。先ほどの穏やかなたたずまいとは打って変わって、旨みが突進してきます。最初から全弾フルスイングかよ。やってくれるぜ。物足りないとばかりに突進は止まらない。小刻みに左右に体をスイング。幅のある動きだ。

※1.由紀の酒 Best of the year 2015

由紀の酒 Best of the year 2015
 由紀の酒-日本酒談義-管理人が勝手に選ぶ、由紀の酒 Best of the year。2015年に自宅で飲んだお酒の中でもっとも心に残ったお酒を紹介いたします。尚、非売品のようなお酒や殿堂入りしているお酒はノミネートからははずれております...

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました