由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒

羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒

 昨晩は富山県の富美菊酒造株式会社さんが醸す、羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒をいただきました。

 四季醸造の富美菊酒造さんの場合、ありがたいことに通年でしぼりたてに近い、※1.羽根屋(はねや)「純米吟醸」煌火(きらび)生原酒を飲むことができます。(このお酒は※2.由紀の酒 Best of the year 2013に輝いております。)また、実に4年ぶりの出荷となった※3.かすみざけや、究極のしぼりたて※4.羽根屋(はねや)「純米吟醸」プリズム究極しぼりたても出しておられます。

 そんな中、あの※5.翼のしぼりたて無濾過生原酒が出荷されると言うので購入いたしました。

 裏ラベルには、

しぼりたてのフレッシュな味わいを無濾過で瓶詰。フルーティーで綺麗な味わいと新酒の躍動感を生かしました。今だけの特別数量限定品です。

 とあります。新酒の躍動感を堪能させていただきます。

 いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんどなく、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、比較的華やかにマスカットを思わせるように香ります。利きなおしてみると、シイタケのようでもあり、パインと感じるときもある。なかなかの七変化で楽しませてくれます。

 含むと、ん~♪これこれ、この綺麗な甘味。煌火(きらび)と飲み比べてはじめてわかる、10%の精米歩合の違い、美しい。しかし楽しませてくれる時間は長くはなく、辛口の表情を見せて去っていきます。

 もう一度注意深く含む。一見単なる綺麗な甘味だが、じっくり見るとそのカラーの違いがよくわかる。真珠の玉と言うよりは、アワビの貝殻のよう。波打っている分、光が乱反射し、その色の違いが飛び込んでくる。この辺りは原酒らしさなのだろうか。酸がいい仕事をしています。しかし、青、赤、黄と言ったようなビビットなものでなく、馴染んでいます。旨いっす。


羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒 データ

醸造元富美菊酒造株式会社(富山県富山市)
使用米五百万石50%精米
日本酒度±0
酸度1.3
アルコール度16度
杜氏羽根敬喜(兼蔵元)
製造年月2017/09
容量1.8L
価格3,703円(税別)
購入はせがわ酒店

羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 富山県 > 羽根屋(はねや)富美菊酒造株式会社

富美菊酒造株式会社さんオフィシャルサイト

羽根屋(はねや)「純米大吟醸」しぼりたて無濾過生原酒に関するブログ

2016/08/15 ※1.羽根屋(はねや)「純米吟醸」煌火(きらび)生原酒28BY

2013/12/31 ※2.由紀の酒 Best of the year 2013

2017/06/10 ※3.羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけ

2016/07/20 ※4.羽根屋(はねや)「純米吟醸」プリズム究極しぼりたて

2015/11/14 ※5.羽根屋(はねや)「純米大吟醸」翼

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL