由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50H28BY

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50H28BY

 昨晩は山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50、H28BYをいただきました。

 獺祭の中でももっともスタンダードな50%精米火入れの一升瓶が普通に買えるようになってきたのは嬉しいですね。伝票の金額、1.8L、2,850円(税別)を見て、あらためてこのお酒のスペックに対するお得感を受け止めています。個体差も癖も少ないので、何がいい?と聞かれると、お勧めしやすい銘柄です。

 久しぶりに購入してみて、新たな発見。写真でもわかると思いますが栓の部分が少し高くなっています。一升瓶の打栓は握力の低い女性には開け辛いものですが、そこをコインエッジにして太くすることで開けやすくなっています。

 以前(2004年11月30日)の蔵元日記には4合瓶や小瓶にも、スクリューキャップでなく通常の一升瓶のような打栓を採用したことについて触れています。ある女性からの「なぜ開け辛い一升瓶タイプの打栓にするのか」についての答えとして、瓶口のねじ山が破損し破片がお客様の口を切った例を上げ、安全上の理由としています。その上で、栓抜きの使用を勧めていらっしゃいますが、ずっともやもやしていたんでしょうね~。それで終わりとならず、こうして進化しています。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんどついておらず、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は穏やかながら心地よく、白桃の様に香ります。開栓当日にあった麹様の香りは抜け、少し開いたのか華やかに感じます。温度が少し上がるとさらにリンゴも混ざる。

 含むと、ん~♪、すっきりと甘い。甘いと言っても過ぎることはなく、ふわっとした旨みが伸びる。この旨みの雰囲気は少し意外。もう少し綺麗な印象だったが、やや旨みの幅が以前より広がっています。後半は酸が幅をきかせることはなく、足早に引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。この旨みの広がり方、これはドライアイスの白煙だ。底面を這うように広がり、消えてゆく。いつまでも見ていられそうです。旨いっす。

 表題のH28BYは、火入れのお酒で酒質が落ち着いてから出荷するとのことでしたので、上槽は8月以前と判断し、勝手に表記しております。


スポンサーリンク

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50 データ

醸造元旭酒造株式会社(山口県岩国市)
使用酵母蔵内保存酵母
使用米山田錦50%精米
アルコール度16度
杜氏西田英隆(取締役製造部長)
製造年月2017/10 TD
容量1.8L
価格2,850円(税別・箱なし)
購入はせがわ酒店

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50に関するリンク

日本酒ガイド > 山口県 > 獺祭(だっさい)旭酒造株式会社

旭酒造株式会社さんオフィシャルサイト

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50に関するブログ

2016/04/08 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50

2016/03/15 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒

2015/12/30 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50

2007/11/22 獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生

2006/10/03 獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50

関連記事

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。

コメント