【入手困難】一度は飲んでおきたい高級な日本酒36選

高級酒

 飲みたくてもなかなか飲めない日本酒ってありますよね。高額、入手困難などその要因もいろいろですが、限定などと聞くとやっぱり飲んでみたくなるものです。そんな中でも究極と言われるような高級な日本酒を集めてみました。


見た目にもお洒落な一度は飲んでおきたい日本酒

見た目(瓶)がすでに高級感を出していてお洒落な日本酒たちです。

十四代(じゅうよんだい)「純米大吟醸」龍泉

十四代(じゅうよんだい)「純米大吟醸」龍泉
 衝撃を受けるほどの美しい赤い瓶。とろけそうなやさしい甘味が膨らむ。何処までも上質、何処までも上品に甘味を表現してくるお酒です。


小鼓(こつづみ)「大吟醸」天楽 金賞受賞酒

小鼓(こつづみ)「大吟醸」天楽 金賞受賞酒
 黒い包装紙を取ると、瓶に彫り込まれた文字に目が行きます。計算されたようなキチっとした時間割で綺麗に引いていくお酒です。


梵(ぼん)「純米大吟醸」超吟

梵(ぼん)「純米大吟醸」超吟
 鶴首の瓶の元祖?。ニベアクリームのCMに出ていた美しい手を連想するような、細すぎるわけではなく、しかしなめらかなライン、きめ細かな肌質のお酒です。


八海山(はっかいさん)「純米大吟醸」金剛心

八海山(はっかいさん)「純米大吟醸」金剛心
 手作りっぽく表面はでこぼこしていてなかなか重厚な装い。装いの重厚さと相反して軽快でスッキリと切れるお酒です。


磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」中取り35

磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」中取り35
 綺麗な透明感を損なうことなく程よい甘味が膨らむようなお酒です。


黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋
 あこがれのブルー瓶。香りの「瞬間」に対して、「永遠」の時を感じさせてくれるかのような穏やかな甘味のお酒です。


黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく
 探し求めてようやく手に入れた、あの時のワクワク感は今でも忘れられない。この機械式の瓶をあけるときの感動。「永」(とこしえ)という言葉を連想させてくれるお酒です。


千代の亀(ちよのかめ)「純米大吟醸」銀河鉄道

千代の亀(ちよのかめ)「純米大吟醸」銀河鉄道
 写真を見ていただけると「ん?」と思いますよね。そうなんです凍ってます。ふわふわと降りてきた雪の結晶が手のひらでシュっと無くなってしまったかのようなお酒です。


説明の必要がないほど有名な一度は飲んでおきたい日本酒

越乃寒梅(こしのかんばい)「大吟醸」特醸酒

越乃寒梅(こしのかんばい)「大吟醸」特醸酒
 境内を歩いていると奥に見える藤棚から誘われるような香りのお酒です。


雪中梅(せっちゅうばい)「吟醸」

雪中梅(せっちゅうばい)「吟醸」
 体脂肪率一桁の酒。羨ましいスタイル、ピリっと引き締まっているお酒です。


清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁
 漫画「夏子の酒」のモデルとなったことでも知られるお酒です。


飛露喜(ひろき)「純米吟醸」特撰純吟

飛露喜(ひろき)「純米吟醸」特撰純吟
 ブルンブルンと実ったベリー系の上品な酸が特徴的なお酒です。


天狗舞(てんぐまい)「純米大吟醸」山廃生

天狗舞(てんぐまい)「純米大吟醸」山廃生
 タオル地を摘んでは盛り上げ、摘んでは盛り上げしたかのような感触(キャッチングワッシャー)のような複雑なお酒です。


鄙願(ひがん)「大吟醸」

鄙願(ひがん)「大吟醸」
 低温熟成酒を思わせるスッキリとした中にも丸みのあるお酒です。


久保田(くぼた)「純米大吟醸」万寿

久保田(くぼた)「純米大吟醸」万寿
 「あれ?今何を飲んだっけ?(痴呆症ではない!)」と思えるほど非常にクリアな引きの良いお酒です。


獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分
 飲み進んで行くと、先ほどより一歩踏み込めたかのように甘味がまた顔を出す。やはりこれまた危険なお酒です。


而今(じこん)「大吟醸」斗瓶取り全国鑑評会出品酒

而今(じこん)「大吟醸」斗瓶取り全国鑑評会出品酒
 もどりなのか?ふつふつと残像が頭をよぎる、これまた幸せな一時を過ごせるお酒です。


田酒(でんしゅ)「純米大吟醸」斗壜取

田酒(でんしゅ)「純米大吟醸」斗壜取
 キャッチセールスの綺麗な女性にふらふらと着いていってしまうも、途中ではっと我にかえって収束していたことに気づくようなお酒です。


蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」空 秘蔵酒十年熟成

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」空 秘蔵酒十年熟成
 青リンゴ様の香りに丸みのあるスベリの良さは熟成酒ならではなお酒です。


知る人ぞ知る一度は飲んでおきたい日本酒

初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲み

初亀(はつかめ)「大吟醸」中汲み
 冬のしんと静まり返った、研ぎ澄まされたような朝の空気を感じるお酒です。


鍋島(なべしま)「純米大吟醸」特A山田錦35ホワイト

鍋島(なべしま)「純米大吟醸」特A山田錦35ホワイト
 ワーグナーの旋律を思わせる弾けるメロンが美しいお酒です。


誠鏡(せいきょう)「大吟醸」幻(まぼろし)赤函

誠鏡(せいきょう)「大吟醸」幻(まぼろし)赤函
 数値からは想像もできない心地よい甘味が好印象なお酒です。


南部美人「純米大吟醸」斗瓶囲いしずく酒

南部美人「純米大吟醸」斗瓶囲いしずく酒
 鍛え上げられたスタイリッシュなボディで胸はそれほど大きくはないが、ぷりっとした丸みのあるキュートなオシリのお酒。


宮泉(みやいずみ)「大吟醸」金賞受賞酒

宮泉(みやいずみ)「大吟醸」金賞受賞酒
 上立ち香は心地よく華やかで甘みのあるような吟醸香。含んでも同様の甘みを感じるバランスの良いお酒。


龍力(たつりき)「純米大吟醸」秋津生

龍力(たつりき)「純米大吟醸」秋津生
 考えすぎることなく味わうことが出来るお酒。


天壽(てんじゅ)「大吟醸」鳥海の雫

天壽(てんじゅ)「大吟醸」鳥海の雫
 キュっと引き締まった無駄の無いプロポーションのお酒。


開運(かいうん)大吟醸」波瀬正吉 斗瓶取り無濾過生酒6-ロ

開運(かいうん)大吟醸」波瀬正吉 斗瓶取り無濾過生酒6-ロ
 民族衣装をまとった綺麗な子がスカートの端をチョイとつまんでひろげ、お辞儀をしているかのようなお酒。


旭興(きょくこう)「大吟醸」出品酒

旭興(きょくこう)「大吟醸」出品酒
 自転車の後輪をぐるぐる回して見たとき時折スポークが止まって見えるかのようにシャっと甘味、旨みが見える瞬間があるお酒。


東一(あづまいち)「純米大吟醸」選抜雫取り斗瓶貯蔵

東一(あづまいち)「純米大吟醸」選抜雫取り斗瓶貯蔵
 ギュンギュンに詰まって小さくなった小宇宙の様なお酒。


義侠(ぎきょう)「純米大吟醸」妙(たへ)

義侠(ぎきょう)「純米大吟醸」妙(たへ)
 現実なんて小さなことと感じてしまうほどの無限大なお酒。


醴泉(れいせん)「大吟醸」蘭闍待(らんじゃたい)生酒

醴泉(れいせん)「大吟醸」蘭闍待(らんじゃたい)生酒
 ボディフィットのCMに出ていたころのサトエリを思わせるようなお酒。


九郎治(くろうじ)「大吟醸」熟成古酒

九郎治(くろうじ)「大吟醸」熟成古酒
 真珠を思わせるような極上の艶やかなお酒。


勝駒(かちこま)「大吟醸」特吟

勝駒(かちこま)「大吟醸」特吟
 抑え込まれた酸味から来る上品さは”シルクタッチ”という表現がぴったりなお酒。


鳳凰美田(ほうおうびでん)「大吟醸」金賞受賞酒

鳳凰美田(ほうおうびでん)「大吟醸」金賞受賞酒
 腰に手をあて上目遣いで、「どう?」と言われたかのように強烈アピールの後、デュークウォークで「シュ~ン、シュ~ン」と切れていくお酒。


國香(こっこう)「純米大吟醸」斗瓶囲い

國香(こっこう)「純米大吟醸」斗瓶囲い
 20デニールのポリウレタンをギリギリまで引っ張ったかのような緊張感のあるお酒。


英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生

英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生
 おもわず絶句してしまうほど美しいほのかな甘味が舌に溶け込んでくるお酒。




 いかがでしたか?。この中に「あっ、これ飲んだことある♪」ってお酒が1本あるあなたは、すでに日本酒に目覚めてますよね。まだ目覚めていない方のために「はてブ」お願いいたします。

 「3本あったよ~」ってあなたは、相当な酒好きです。お酒好きを増やすためにも「リツイート」お願いいたします。

 「5本以上あるぜ!」ってな方は、立派な日本酒マニアです。すでに日本酒啓蒙活動していらっしゃることでしょう。さらにコアな日本酒ファンを増やすためにも「google+&フェイスブックいいね」をお願いいたします。

 「いや、半分以上は飲んでるし」ってそこのあなた!、コメント必須です。記念に書き込みお願いいたします。いろいろ教えてください!。

【入手困難】一度は飲んでおきたい高級な日本酒36選に関するリンク





↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。