由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

4,000円以上6,000円未満

4,000円以上6,000円未満

十九(じゅうく)「純米大吟醸」中取り

 昨晩は長野県の株式会社尾澤酒造場さんが醸す、十九(じゅうく)「純米大吟醸」中取り無濾過生原酒をいただきました。先日紹介した青吟ほどではないのですが、セロハンシールが貼ってあるだけという風貌は目を引きます。  姐さん、いろいろ...
4,000円以上6,000円未満

松の寿(まつのことぶき)「純米大吟醸」山田錦

 昨晩は栃木県の株式会社松井酒造店さんが醸す、松の寿(まつのことぶき)「純米大吟醸」山田錦をいただきました。  上立ち香は華やかにバナナのように香りますが、慣れてしまうのか?華やかなのはファーストコンタクトのみで、終始邪魔にな...
4,000円以上6,000円未満

惣右衛門(そうえもん)「大吟醸」斗瓶取り

 昨晩は山形県の長沼合名会社さんが醸す、惣右衛門(そうえもん)「大吟醸」斗瓶取りをいただきました。以前、惣邑という銘柄を飲んで非常に気に入った時からの、この蔵の最高峰と言われるこのお酒を飲むという念願がかないました。  上立ち...
4,000円以上6,000円未満

雅山流(がさんりゅう)「純米大吟醸」極月 袋取り

 昨晩は山形県の有限会社新藤酒造店さんが醸す、雅山流(がさんりゅう)「純米大吟醸」極月 袋取りをいただきました。このお酒は東京の酒販店、はせがわ酒店さんが主催するブラインドでのきき酒会に於いて、純米吟醸酒部門で、審査員による選考(審...
4,000円以上6,000円未満

神の井(かみのい)「純米大吟醸」寒久の酒

 昨晩は愛知県の神の井酒造株式会社さんが醸す、神の井(かみのい)「純米大吟醸」寒久の酒をいただきました。ラベルには寒九の酒の由来ということで、こう書かれていました。 古くから 水 の一番良い時期は 年の始め頃 寒に入って九日目と言...
4,000円以上6,000円未満

米鶴(よねつる)「純米大吟醸」鶴翔(かくほう)

山形県の米鶴酒造株式会社さんが醸す、米鶴(よねつる)「純米大吟醸」鶴翔(かくほう)山田錦袋取りを飲んだ感想。上立ち香は、春の爽やかな風のように首筋をくすぐっていきます。含むと、フレッシュなキリっとした辛味と、優しく広がる甘味が同居しています。まさに春らしい軽快さは新感覚♪旨いっす。
4,000円以上6,000円未満

北の錦(きたのにしき)「大吟醸」あらばしり

 昨晩は北海道の小林酒造株式会社さんが醸す、北の錦(きたのにしき)「大吟醸」あらばしりをいただきました。紅白でメデタイこのお酒は由紀の酒-日本酒談義-の常連さんのぐらすさんに、結衣の誕生祝いとしていただいたものです。感謝♪  ...
4,000円以上6,000円未満

萬穣(ばんじょう)「大吟醸」

 昨晩は奈良県の中谷酒造株式会社さんが醸す、萬穣(ばんじょう)「大吟醸」をいただきました。このお酒は中谷酒造さんにいただいたものです。感謝♪。  うっすらと黄色く色付いていて、艶々としています。上立ち香はほのかに上品に香ります...
4,000円以上6,000円未満

鄙願(ひがん)「大吟醸」

 昨晩は新潟県の大洋酒造株式会社さんが醸す、鄙願(ひがん)「大吟醸」をいただきました。このお酒は由紀の酒掲示板に遊びに来ていただいているJhonny1989さんにいただきました。感謝♪  上立ち香は心地よく芳香族にくすぐられま...
4,000円以上6,000円未満

房島屋(ぼうじまや)「純米大吟醸」生原酒

 昨晩は岐阜県の所酒造合資会社さんが醸す、房島屋(ぼうじまや)「純米大吟醸」生原酒をいただきました。瓶詰めは昨年の4月、購入は昨年の11月ですが、ここまで引っ張ったのは単なる偶然です。(笑)  開栓は一昨日です。上立ち香は、心...
4,000円以上6,000円未満

醉心(すいしん)「純米大吟醸」超軟水仕込

 昨晩は広島県の株式会社醉心山根本店さんが醸す、醉心(すいしん)「純米大吟醸」超軟水仕込をいただきました。このお酒も広島の友人に頂いたものです。感謝♪  上立ち香はほのかで優しく語りかけてくるよう。含むと綺麗な造りの中に心地よ...
4,000円以上6,000円未満

まんさくの花「大吟醸」

 昨晩は秋田県の日の丸醸造株式会社さんが醸す、まんさくの花「大吟醸」をいただきました。  このお酒は日の丸醸造さんにいただきました。感謝♪  上立ち香は穏やかで心地よく桃のように香ります。  含むと丸みのある調和の中に...
4,000円以上6,000円未満

篁(たかむら)「吟醸」生囲い

 昨晩は大阪府の寺田酒造有限会社さんが醸す、篁(たかむら)「吟醸」生囲いをいただきました。このお酒は、篁、元朝の発売元である、株式会社元朝さんに頂いたものです。感謝♪  上立ち香は心地よくふっくらと香ります。含むと、含み香の後...
4,000円以上6,000円未満

大七(だいしち)「純米吟醸」皆伝

 昨晩は福島県の大七酒造株式会社さんが醸す、大七(だいしち)「純米吟醸」皆伝をいただきました。会社の仕事始めの乾杯に使用したお酒で、開栓は1月6日です。  上立ち香は、ほんのりコックリと香ります。含むと、幅のある旨みが重さを感...
4,000円以上6,000円未満

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」生原酒 量り売り

 昨晩は愛知県の関谷醸造株式会社さんが醸す、蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」生原酒 量り売りをいただきました。このお酒も元旦に蔵元に出向き、購入してきたものです。持参した瓶に詰めていただいたので、画像は・・・。火入れ後、1年以上...
4,000円以上6,000円未満

あづまみね「純米大吟醸」愛山

 一昨日の晩の報告の続きです。岩手県の合名会社吾妻嶺酒造店さんが醸す、あづまみね「純米大吟醸」愛山をいただきました。写真ではわかりにくいと思いますが、吾妻嶺と書かれた下の部分に黒い文字で愛山と書かれています。  上立ち香はほん...
4,000円以上6,000円未満

浪乃音(なみのおと)「純米大吟醸」古壺新酒 愛山 生原酒

滋賀県の波乃音酒造株式会社さんが醸す、浪乃音(なみのおと)「純米大吟醸」古壺新酒 愛山 生原酒を飲んだ感想。見事に落ち着きを見せた舌触りから、なんとも上品な甘みがスパーっと広がっていき、じんわりと引いていきます。これこれ~この甘みを待っていたんですよ!。
4,000円以上6,000円未満

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「大吟醸」無濾過無加水

 昨晩は愛知県の萬乗醸造株式会社さんが醸す、醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「大吟醸」無濾過無加水をいただきました。2002年の春に、はじめて醸し人九平次を飲んだときもこのお酒でしたが、実は最初の印象は・・・ ・・・。一緒に飲んだ...
4,000円以上6,000円未満

磯自慢(いそじまん)「大吟醸」水響華

 昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「大吟醸」水響華をいただきました。  上立ち香は秋風のようにしっとりとバニラのように香ります。含むと全体的に非常におとなしい印象ながら、心地よいほのかな甘味がバ...
4,000円以上6,000円未満

東一(あづまいち)「吟醸」にごり酒 生

 昨晩は佐賀県の五町田酒造株式会社さんが醸す、東一(あづまいち)「吟醸」にごり酒 生をいただきました。吟醸と言っても山田錦を39%精米した、まさに大吟醸レベルのお酒で、以前の印象は生酒らしいフレッシュさと炭酸が残るお酒でした。今回は...
4,000円以上6,000円未満

醴泉(れいせん)「大吟醸」秘蔵原酒

 昨晩は岐阜県の玉泉堂酒造株式会社さんが醸す、醴泉(れいせん)「大吟醸」秘蔵原酒15BY限定をいただきました。このお酒は、醴泉の大吟醸としては最高峰の蘭奢待の火入れ用として、別酵母で試験醸造したものでしたが、今回は蘭奢待の名前を付け...
4,000円以上6,000円未満

花垣(はながき)「純米」古代米(黒米)玄米仕込み

 昨晩は福井県の有限会社南部酒造場さんが醸す、花垣(はながき)「純米」古代米玄米仕込みをいただきました。このお酒には、古代米黒米がどのようなものかがわかるように、小さな透明の袋に入れて付いていました。古代米黒米は粒が小さく、表皮は文...
4,000円以上6,000円未満

往馬(いこま)「純米大吟醸」生

 昨晩は奈良県の菊司醸造株式会社さんが醸す、往馬(いこま)「純米大吟醸」生をいただきました。  往馬とは、秋に火祭りが行われる※「往馬大社」のある生駒市の古い地名だそうです。創業1705年という老舗で、現在は蔵元自ら杜氏を勤め...
4,000円以上6,000円未満

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」由紀の酒遠心分離

 昨晩は、愛知県の関谷醸造株式会社さん吟醸工房にて自分達が※「酒造り体験」をして出来た、蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」由紀の酒遠心分離をいただきました。  上層に立ち会ったときの印象は、いかにもしぼりたての炭酸の感じがして...
4,000円以上6,000円未満

母情(ぼじょう)「大吟醸」

 昨晩は、岐阜県の平野醸造合資会社さんが醸す、母情(ぼじょう)「大吟醸」をいただきました。  このお酒は、先日5月1日のゴールデンウィーク中の旅行の時に、蔵に立ち寄らせていただき購入してきたものです。奥様にはラベルまで頂い...
4,000円以上6,000円未満

飛露喜(ひろき)「純米吟醸」愛山

 昨晩は、福島県の合資会社廣木酒造本店さんが醸す、飛露喜(ひろき)「純米吟醸」愛山をいただきました。このお酒は由紀の酒-日本酒談義-の開設当初からの常連さまのたけ蔵さんにいただいたものです。感謝♪  上立ち香は非常にほんのりと...
4,000円以上6,000円未満

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」愛山

 昨晩は岩手県の株式会社南部美人さんが醸す、南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」愛山をいただきました。  この愛山と言う米は、今をときめく11社(十四代、南部美人、磯自慢、東洋美人、出羽桜、くどき上手、磯乃澤、東の麓、誉小桜、...
4,000円以上6,000円未満

出世城(しゅっせじょう)「大吟醸」斗瓶取りした大吟醸おり酒

 昨晩は静岡県の浜松酒造株式会社さんが醸す、出世城(しゅっせじょう)「大吟醸」斗瓶取りした大吟醸おり酒をいただきました。はじめこの写真よりもオリが沈んでいたので、まずは上澄みをいただこうとカシュっとやったところ、このお酒がもつ炭酸で...
4,000円以上6,000円未満

田酒(でんしゅ)「純米吟醸」古城乃錦

 昨晩は青森県の株式会社西田酒造店さんが醸す、田酒(でんしゅ)「純米吟醸」古城乃錦をいただきました。  このお酒は古城錦という米で仕込まれているそうですが、酒造好適米「五百万石」と青森県産米「青系50号」を交配させた酒造好適米...