由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BY

英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BY

 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BYをいただきました。

 このお酒は静岡県新酒鑑評会に出品されたお酒を、丸味屋酒店に生のまま出荷された、所謂チャーリースペシャルです。生涯最高の酒、※1.英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒は、※2.由紀の酒Best of the year 2016となっており、今回紹介するお酒が、その最高の酒と同スペック純米版となります。

 英君のとびっきりシリーズとして、丸味屋酒店さんから「大吟醸」斗びん囲い、「純米大吟醸」斗びん囲い、「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒と3本購入しましたので、順に紹介していくシリーズ第三弾です。

 と言いつつ、暴君の紹介から約一年経過してしまっているのは内緒です。生と言うことを忘れ、一人で飲んでしまってはもったいないと言う気持ちが働き、他の出品酒とともに冷蔵庫の賑やかしになっておりました。今回、由紀の酒オンライン日本酒会に、英君の蔵元「英さん」が参加いただけることになり、思い切って開栓いたしました。

英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BY レビュー

 開栓は5月31日(日)で、開栓から4週間経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に贅沢にも八分目ほど注ぎます。色はほとんど着いておらず、比較的綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく、黄桃を思わせるように香ります。先日紹介した大吟醸とイメージが似ており、飲んでもいないのに甘さを連想、あの黄桃シロップ漬けのイメージがあります。

 含むと、…、おお、大吟醸より幾分主張する艶のある甘味。一年熟成したことから来る味の乗りは確実にこの純米の方があります。酸は静岡らしく抑え込まれており、品格が先行するが、僅かな生熟が拮抗。大吟醸と同様、木目細かいほのかな甘みは、後半の余韻へと繋げ引き上げていきます。膨らみのある分、引きの良さは流石に大吟醸に譲るか。ただし、生熟も引きの部分も自分の失態なので、本来はさらに神々しいお酒だったと思われますが、これはこれで楽しさが加わっています。

 もう一度注意深く含む。この艶!、これは雨の日に見た紫陽花だ。美しいピンクのガクに乗った水滴はプルプルしています。旨いっす。

雨の日に見た紫陽花

雨の日に見た紫陽花 2020-06-11撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
f/5.6、1/200sec、ISO-3200、50mm、5350K、-1.0EV

 この日に合わせたのは、鴨の燻製。合鴨って、ずるいってくらいの旨味ですよね~。ジューシーな肉汁が口中で炸裂しますが、熟成英君はその全てを包み込みます。お試しあれ。


英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BY データ

醸造元英君酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
使用酵母静岡HD-101
使用米兵庫県産山田錦40%精米
日本酒度+6
酸度1.2
アルコール度16度
杜氏粒來保彦
製造年月2019/06
容量720ml
価格4,500円(税別)
購入丸味屋酒店

英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BY YouTube

英君(えいくん)「純米大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒H30BY Eikun junmaidaiginjo tobingakoi shizuku namazake

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BYに関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 英君(えいくん)英君酒造株式会社

英君酒造株式会社さんオフィシャルサイト

英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒H30BYに関するブログ

※1.英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒

英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒
静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒、平成27酒造年度全国新酒鑑評会金賞受賞酒を飲んだ感想。綺麗な甘味。これだけの甘味を表現しながらも、やはり瞬時に口中からなくなっていく。それはまるで新幹線500系の2両編成。うわぁ♪500系、え?。そのあり得ない光景も一瞬の出来事。

※2.由紀の酒Best of the year 2016

由紀の酒 Best of the year 2016
 由紀の酒-日本酒談義-管理人が勝手に選ぶ、由紀の酒 Best of the year。2016年に自宅で飲んだお酒の中でもっとも心に残ったお酒を紹介いたします。尚、非売品のようなお酒や殿堂入りしているお酒はノミネートからははずれております...
英君(えいくん)「純米大吟醸」斗瓶囲いしずく生
 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米大吟醸」斗びん囲いしずく生 チャーリースペシャルをいただきました。このお酒の生も、先日紹介した大吟醸と同様に全国6本の限定だそうで、取り扱っている丸味屋酒店の店主のハ...
英君(えいくん)「純米大吟醸」斗瓶囲雫酒生27BY
 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米大吟醸」斗瓶囲雫酒生27BYをいただきました。平成28年静岡県清酒鑑評会、純米吟醸酒の部の出品斗瓶です。しかも生!と言うことで丸味屋酒店限定のチャーリースペシャル...
英君(えいくん)「純米大吟醸」静岡県鑑評会出品酒
静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒静岡県鑑評会出品酒を飲んだ感想。この綺麗な旨味、これは「高嶺の花」だ!。うしろ活けができない、空蝉の自分が見えなくなって悩む、月島もも(石原さとみさん)のセリフがリアルに飛び込んでくる。そんなリアルな美しさを最後には感じることができました。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました