由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020

 昨晩は福井県の黒龍酒造株式会社さんが醸す、黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020をいただきました。

 毎年、この時期だけの贅沢として味わう黒龍の四天王。石田屋、二左衛門、八十八号、しずくを順に紹介していくシリーズ第一弾です。今年もこれらのお酒をじっくりと自宅で飲み比べできることに感謝♪。

 石田屋は、毎年11月に8000本、厳選された兵庫県東条町産の山田錦を35%精米し仕込み、原酒のまま2~3年熟成したものの中から、さらに厳選しブレンド調整してから出荷されます。屋号の石田屋を冠したこのお酒、無二が出てますが昨年同様あえて言います。フラッグシップであると。

 来年からは「しずく」の一升瓶が飲食店限定となり機械式の瓶ではなくなることや、その他四天王の価格改定があると言う情報をいただいております。

 和紙ラベルの角印が押してあるところに透かしがあり、青く家紋が浮かび上がっています。また微妙に裏ラベルは変わっているようです。

スポンサーリンク

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020 レビュー

 開栓は元旦で二週間が経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に贅沢にも八分目ほど注ぎます。いつも量が少なすぎて探る前に今日の分は終了となってしまうので、開栓後の変化は気にせずに注ぎました。色はほとんどついておらず、気持ちよく綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく、メロンを思わせるように香ります。この時点では3年の熟成は感じられません。もちろん搾りたてはもう少し香りがあるのかもしれませんが…。

 含むと、…。つるっと行きます。何というすべり。そしてもう口中から消えている。

 もう一度含む。ほんのり甘味。酸はそれと感じることはほぼなく、上品です。例年より少しだけ切れているような雰囲気もあってか?、消え方が秀逸です。

 もう一度注意深く含む。何という美しさ。終盤というほど長くはいてくれないが、それでも終盤と思われる刹那に僅かに膨らむ何か

 さらに探るように含む。何年か連続で一定量を飲むことで、はじめてわかったような気がする石田屋のもつ宇宙。世界観を通り越し、それ以上足を踏み入れてはいけないかのような領域。この信じられないほどの、これはヒメリュウキンカだ。本当にこの世に存在する花なの?と疑いたくなるほどの光沢のある質感。最高に旨いっす。

ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカ 2020-01-22撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
f/4、1/1000sec、ISO-100、50mm、WB-5000K

 この日合わせたのは、小エビの唐揚げ。先日お風呂屋さんで食べて美味しかったので、家でもやってもらいました。まるごと食べるからか?、旨味は大きな海老を身だけ食べるよりも強く、口中での膨らみが半端ない。それでも石田屋の宇宙は全てを包み込む。お試しあれ。


黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020 データ

醸造元黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町)
使用米兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母蔵内保存酵母
日本酒度+2.5
酸度1.2
アミノ酸度1.1
アルコール度15度
仕込水九頭竜川伏流水(軟水)
杜氏畑山浩
製造年月2020/11上
容量720ml
価格10,000円(税抜き)
購入酒のきまた

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020 YouTube


↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020に関するリンク

日本酒ガイド > 福井県 > 黒龍(こくりゅう)黒龍酒造株式会社

黒龍醸造さんオフィシャルサイト

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2020に関するブログ

2020/01/30 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2019

2019/01/08 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2018

2018/01/07 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2017

2017/01/22 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2016

2016/01/11 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2015

2015/01/17 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2014

2014/01/04 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2013

2008/01/08 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2007

2006/01/07 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2005

2005/01/09 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2004

関連記事

コメント