スポンサーリンク

二兎(にと)「純米吟醸」備前雄町五十五別誂しぼりたて生酒

二兎(にと)「純米吟醸」備前雄町五十五別誂しぼりたて生酒

 昨晩は愛知県の丸石醸造株式会社さんが醸す、二兎(にと)「純米吟醸」備前雄町五十五別誂しぼりたて生酒をいただきました。

 肩に貼ってある帯にはもう少し詳しく、別誂限定少量仕込みしぼりたて生酒と書いてあります。裏ラベルには、先を見るために通常の二兎とは違う造りをしてみました。レギュラーの二兎との違いをお楽しみください。とあります。

 現在までで伝わってきている情報では、新たな酵母にチャレンジしたとのことですが、果たしてどんなイメージに仕上がっているのか?、とても楽しみです。二兎も人気が出てきて一部では入手困難です。特に少量生産のこのお酒は、由紀の酒-日本酒談義-突撃隊長のMASAさんにお願いして入手してもらいました。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。ほとんど色はなく、しぼりたてらしくほどほどの澄みかたをしています。

 上立ち香は程よく穏やかで、マスカットを思わせるように香ります。僅かではあるが乳酸系の香りもまざる。このあたりはいかにも現代風のイメージを彷彿とさせます。

 含むと、ファーストコンタクトからすこぶる優しく、滑らかな甘味。いい甘味だなぁ、なんという柔らかさ。早く飲んであげなくては!と言うやや儚げな印象もあります。この味の出方は一時期の而今を思わせます。後半はしっとりと棚引きながら引いていきます。

 もう一度注意深く含む。こ、この二兎は優しさと濃さの二兎を追ったか?。後半の味わい深さは後に引くものがあります。発酵力はそれほど強くない酵母なのか?、それとも酸を強くは感じないので、汲水歩合を抑えめにしたのか?。相変わらず楽しい二兎を堪能できました。旨いっす。


二兎(にと)「純米吟醸」備前雄町五十五別誂しぼりたて生酒 データ

醸造元丸石醸造株式会社(愛知県岡崎市)
使用米備前雄町55%精米
アルコール度16度
仕込水南アルプス明石山系伏流水、誉の水(軟水)
杜氏片部州光(社員杜氏)
製造年月2017/11
容量720ml
価格1,593円(税別)
購入MASAさんにお願いしました

二兎(にと)「純米吟醸」備前雄町五十五別誂しぼりたて生酒に関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 二兎(にと)丸石醸造株式会社

丸石醸造株式会社さんオフィシャルサイト

二兎(にと)「純米吟醸」備前雄町五十五別誂しぼりたて生酒に関するブログ

2016/07/06 二兎(にと)「純米大吟醸」備前雄町48生原酒

2016/05/22 二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL