由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく)

醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく)

 昨晩は岐阜県の玉泉堂酒造株式会社さんが醸す、醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく)R1BYをいただきました。

 このお酒は醴泉のフラッグシップとして「玉(ぎょく)」が出荷された初年度に購入したものです。昨年の11月27日(土)に酒のひろせさんにて、玉泉堂酒造の山田社長もみえて、醴泉の試飲販売が行われました。その時に贅沢にも「玉(ぎょく)」のR2BYが試飲できたのですが、極上の綺麗な甘みが素晴らしく、自分の手持ちのこのお酒も開栓したくなりました。

 今年の小規模な新年会の目玉として、磯自慢のノビルメンテと飲み比べをいたしました。ノビルメンテの感想は後日UPいたします。

 特A地区(東条町)産特別栽培(減農薬)米を28%まで磨き上げ、丁寧にライスグレーディングされたお米を使い、考えられる最高の仕込みで醸され、中取り(いいところ取り)した純米大吟醸酒を約1年熟成して出荷される、玉泉洞酒造の新たなフラッグシップ「玉(ぎょく)」です。

スポンサーリンク

醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく) レビュー

 開栓は1月9日(日)で、二週間ほど経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんど着いておらず、綺麗な澄み方をしております。

 飲用温度は12℃くらいから始めました。上立ち香は、比較的華やかに洋梨を思わせるように香ります。熊本9号酵母で洋梨に感じた記憶がないのですが、本来オーソドックスな9号酵母ながらカプロン酸もバランス良く出たイメージなのでしょうか?。我が家好みの香りです。

 含むと、…、試飲の時(R2BY)の方が綺麗(単純)だったような…、いや、これは飲み頃がもう少し先か?。しかし場面は一転、やはり空気に触れることで風向きが変わりました。あくまで磨き抜かれた繊細な範囲の中とは言え、複雑な旨味のテクスチャーを感じます。コチっとした表皮が、いかにも崩れなさそうな雰囲気を出しています。綺麗な甘み僅かな酸、さらに僅かな苦み。思い浮かんだ酒は天狗舞「大吟醸」中三郎。職人芸と言う表現がぴったりきます。試飲の量ではここまでの世界観を感じ取れなかっただけなのか?。そして秀逸な引き際

 もう一度注意深く含む。おそらくは計算された、ただ綺麗なだけではない複雑ともいえる甘味。これはカシフレークだ。何処か儚げにも見えるが、洋蘭らしく花持ちは良く高貴な花姿。慎重に観察すると見えてくるテクスチャーが、独特の世界観を感じさせてくれます。旨いっす。

カシフレーク

カシフレーク 2022-01-22撮影
SONY α7Ⅳ
Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZE
f/2.8、1/20sec、ISO-100、5300K

 この日に合わせたのは、鶏のソテー。焼き色がしっかり目に付くまで焼きあげました。パリッとした皮の食感、ジュワっと広がる旨味。飛び散ろうとするこの旨味を醴泉が軌道修正してまとめる。お試しあれ。


醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく) データ

醸造元玉泉堂酒造株式会社(岐阜県養老郡養老町)
使用酵母熊本9号酵母
使用米兵庫県特A地区東条町産特別栽培(減農薬)山田錦28%精米
日本酒度+2.5
酸度1.2
アミノ酸度1.0
アルコール度16度
仕込み水日本名水百選「菊水泉」軟水
杜氏安福雅成(社員杜氏)
製造年月2020/07
容量1.5L
価格22,000円(税別)
購入酒のひろせ

醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく) YouTube

Coming soon.

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく)に関するリンク

日本酒ガイド > 岐阜県 > 醴泉(れいせん)玉泉堂酒造株式会社

玉泉堂酒造株式会社さんオフィシャルサイト

醴泉(れいせん)「純米大吟醸」玉(ぎょく)に関するブログ

天狗舞(てんぐまい)「大吟醸」中三郎
 昨晩は石川県の株式会社車多酒造さんが醸す、天狗舞(てんぐまい)「大吟醸」中三郎生酒をいただきました。  上立ち香は、なんとも優しく甘く香り、やや芳香族にも振れる。  含むと、甘味を基調としながらも、酸味、辛味、に微妙な...
醴泉(れいせん)「大吟醸」蘭奢待R2BY
岐阜県の玉泉堂酒造株式会社さんが醸す、醴泉(れいせん)「大吟醸」蘭奢待R2BYを飲んだ感想。ピンっと張った緊張感のある中から見えてくる可愛らしい甘味。これは真紅の薔薇だ。その造形も美しいが、静まり返った中に写し出すリフレクションもまた気持ち良い。キリキリとシャープな描写。

関連記事

コメント