結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み

シェアする

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み

 昨晩は茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲みをいただきました。

 このお酒も、結城酒造さんを見学させていただいた後、池田酒店さんに連れて行ってもらい購入してきたものです。素晴らしい品ぞろえの酒販店さんで、他にも何本か購入してきたので順に紹介していく第三弾です。

 結ゆいの亀口直汲みは、これまで山田錦、備前雄町、赤磐雄町と飲んできましたが、いずれも濃密な甘味が心地よいお酒でした。また使用米のまっしぐらは飯米ですが、酒造りにおいても優れており、これまでに陸奥八仙で体験しておりますが、それはそれはすんばらしいお酒でした。

 ここで、「まっしぐら」についておさらいしておきます。

「まっしぐら」は青森県農業技術センター農林総合研究所が、母株に「奥羽341号」、父株に「山形40号」を交配、育成と選抜を重ね開発、2005年3月に青森県の奨励品種になりました。コシヒカリのひ孫、あきたこまちの孫にあたる飯米です。2007年に行われた青森県工業総合研究センターでの醸造適性調査では、砕米率も低く、アミノ酸生成、粗蛋白も低いことがわかり、酒米として適していることが報告されています。

 さて、どんなお酒なのか?、楽しみです。

 いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。滓が少しだけからんでいて、白いものが浮遊します。濁りというほどではなさそうです。旨そう♪。

 上立ち香は、程よく華やかに、パインを思わせるように香ります。ここのところすっかりこの香りの虜になっております。自分の中での吟醸香の理想で、強めではあるが嫌味でない、いい香りです。

 含むと、ジュワっときたぁ、メリハリのある甘味。45%まで磨かれていることから想定していた甘味よりも強く、しっかりと結らしく甘味がブルンブルンしています。あの雄町の純米大吟醸の逆パターンです。純米吟醸らしさを存分に堪能させてくれます。旨いなぁ。

 もう一度注意深く含む。いいリズムだなぁ。メリハリある甘味ながら、軽快なステップ。こ、これはフィンランド出身の元フィギュアスケート選手、キーラ・コルピさんだ!。スケート選手の割に?、メリハリボディー甘い顔、そして絶妙なステップシークエンス!。旨いっす。

 あっ、ちなみに※1.あの雄町の純米大吟醸は、瞬殺してしまったので追加発注しちゃいました。

Powered by Google

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み データ

醸造元 結城酒造株式会社(茨城県結城市)
使用米 青森県産まっしぐら45%精米
日本酒度 -1
酸度 1.6
アルコール度 16度以上17度未満
仕込水 鬼怒川系伏流水(軟水)
杜氏 浦里美智子(兼蔵元)
製造年月 H29/04
容量 1.8L
価格 3,000円(税別)
購入 池田酒店

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲みに関するリンク

日本酒ガイド > 茨城県 > 結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社

結城酒造株式会社さんオフィシャルサイト

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲みに関するブログ

2017/07/20 ※1.結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐雄町池田酒店別誂

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事