寫楽(しゃらく)「純米吟醸」播州愛山H28BY

シェアする

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」播州愛山H28BY

 昨晩は福島県の宮泉銘醸株式会社さんが醸す、寫楽(しゃらく)「純米吟醸」播州愛山H28BYをいただきました。

 先日の関東酒蔵見学ツアーで、茨城県の池田酒店さんに寄らせていただき購入してきた商品です。宮泉銘醸さんのお酒は近所に取扱店がなく、特に寫楽はインターネットでの販売を自粛していることもあり、お気に入り銘柄ながらなかなか購入できていません。久しぶりの寫楽♪です。しかも、非常に気になっていた赤いやつ播州愛山!、一回火入れの商品です。結ゆいの次に自然に手に取っていました。

 ん?、名古屋の某酒販店?、あそこは価格が微妙に盛られているのでもう買いません。

 オフィシャルサイトには…、

品種・系統共に入手困難な希少種の兵庫県産の愛山で仕込んだ純米吟醸酒です。落ち着いた立ち香に加え口の中に入れると愛山らしい果実のような含み香が特徴です。含んだ後は、米の持つ上品な味わいと、日本酒の世界観が広がる旨みを感じることができる酒です。冷がお勧めで、どんな料理にも合う食中酒です。

とあります。日本酒の世界観が広がる旨み…楽しみです。

 開栓は二週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。ほとんど無色で綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は心地よく穏やかにメロンを思わせるように香ります。開栓直後はやや揮発感もありましたが、今はほとんど抜けています。え~感じの香りやぁ~。

 含むと、何とも心地よい含み香。ここも開栓直後よりもアルコール感が抜け、マスカットを思わせるような香りが鼻に抜けます。そして来ました!、寫楽らしいcuteな甘味。ほのかな酸味は甘味の細胞壁よろしく崩れないように形作り、まとまって撤収を始める。おっ、お?、もうなくなった。

 もう一度注意深く含む。思い浮かんだ爽やかな画像は、青空に突き抜けるように天高く伸びる入道雲を背景に、元気よく伸びるでっかいひまわり。青と黄色のコントラストが心地よい。旨いっす。

Powered by Google

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」播州愛山H28BY データ

醸造元 宮泉銘醸株式会社(福島県会津若松市)
使用米 兵庫県産愛山50%精米
日本酒度 +2
酸度 1.4
アルコール度 16度
仕込水 宮泉(井戸水)
杜氏 宮森義弘(兼蔵元)
製造年月 29/06
容量 1.8L
価格 4,000円(税別)
購入 池田酒店

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」播州愛山H28BYに関するリンク

日本酒ガイド > 福島県 > 寫楽(しゃらく)宮泉銘醸株式会社

宮泉銘醸さんオフィシャルサイト

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」播州愛山H28BYに関するブログ

2017/02/22 ※1.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事