由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BY

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BY

 昨晩は愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BYをいただきました。

 名古屋の名鉄百貨店で孝の司の試飲販売があり、「純米吟醸」シリーズの全て、山田錦、雄町、夢山水、美山錦の4本を購入してきました。順に紹介していくシリーズ第三弾です。

 先日紹介した※1.孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BYは、甘味の山が想定通りの心地よい膨らみを見せてくれました。※2.孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒H29BYと共に、こうだったらいいなぁを具現化してくれ、安心感のあるお酒でした。と言うことは、山田錦は絶妙のバランスをみせてくれるのか?、楽しみです。

 オフィシャルサイトの商品紹介には、

熟成するほどに米の旨みが増し、きめ細やかな豊かな味わいが口中に広がる。日本酒本来の味わい深さが特徴のお酒。

 とあります。図らずも購入から少々時間も経過していますので、味乗りに期待したいと思います。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。ほんのり黄色く色づき、無濾過としては比較的綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、穏やかながら上品にメロンを思わせるように香ります。開栓当初にあった揮発感は随分軽減されました。

 含むと、柔らかい甘味、旨味。主体が甘味のほうなので、スムーズに喉を流れていきます。酸の押し出しは軽く、ないわけではないといった感じでバランスをとる。後半は僅かな余韻を残しながら切れていきます。え~バランスやぁ。

 もう一度注意深く含む。やっぱりいいなぁ、このバランス!。パーフェクトか?と聞かれると、そうではないかもしれないが、そこに可愛げがある。目は大き目でくりっとしているが、鼻筋はお世辞にも通っているわけではなく、少し丸い。この個性!。ここが可愛げ。旨いっす。

 この日合わせたのは、〆サバやおでん。このおでんの出汁が絶妙で、飴色に染みた大根が旨い!。ここに寄り添う孝の司が最高でした。お試しあれ。


孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BY データ

醸造元合資会社柴田酒造場(愛知県岡崎市)
使用米山田錦60%精米
日本酒度+4
酸度1.9
アミノ酸度1.6
アルコール度17度
仕込水神水地区井戸水(超軟水)
杜氏伊藤静香(社員杜氏)
製造年月H18/08
容量720ml
価格1,470円(税別)
購入名鉄百貨店

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BYに関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 孝の司(こうのつかさ)合資会社柴田酒造場

合資会社柴田酒造場さんオフィシャルサイト

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BYに関するブログ

2018/09/19 孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BY

2018/09/19 孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒H29BY

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL

performance.mark("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");