由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BY

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BY

 昨晩は愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BYをいただきました。

 ここの仕込み水は地名(神水地区)にもある通りまさに神の水で、硬度0.24の超軟水。この超軟水で仕込まれた口当たりの柔らかいお酒です。

 名古屋の名鉄百貨店で孝の司の試飲販売があり、「純米吟醸」シリーズの全て、山田錦、雄町、夢山水、美山錦の4本を購入してきました。順に紹介していくシリーズ第二弾です。

 先日紹介した※1.孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒H29BYがイイ感じの膨らみを見せてくれたので、雄町はもっと心地よく膨らむのでは?、と期待しての開栓です。

 オフィシャルサイトの商品紹介には、

素直でストレートな旨みと後切れの良さが料理の美味しさを引き立てる。雄町米と水の柔らかさが醸し出した爽やかな味わいのお酒です。

 とあります。素直でストレートな旨み、楽しみです。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。ほんのり黄色く色づき、無濾過としては比較的綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、程よく穏やかに、白桃を思わせるように香ります。この辺りは想定通り、先日の夢山水よりもさらに穏やかな香りです。

 含むと、香りから繋がる穏やかな旨味。注目すべきは甘味とのバランスで、微妙に甘味が勝っているようにも思えるが、引きずり込まれるほどではない。ぐぐっと甘味の山を作った後も、酸はそれと感じさせることはなく、品よく後半の収束を迎える。

 もう一度注意深く含む。いいなぁ、この盛り上がった起伏。そしてその山頂での爽快感。ヘリスキーよろしく、そこから一気に滑り降りる。190cmのロシニョールが新雪にたわむ。達成感を感じるのは麓のホテルが見えたころ。ここからはゆっくりと余韻を楽しむ。旨いっす。

 この日合わせたのは、焼きサンマ。皮はぱりっと、中はふっくらと焼けたサンマをほぐし、大根おろしとポン酢でいただく。サンマの食感、旨味、ポン酢の酸味が、絶妙に孝の司と融合していました。お試しあれ。


孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BY データ

醸造元合資会社柴田酒造場(愛知県岡崎市)
使用米岡山県産雄町60%精米
日本酒度+4
酸度1.9
アミノ酸度1.6
アルコール度17度
仕込水神水地区井戸水(超軟水)
杜氏伊藤静香(社員杜氏)
製造年月H18/08
容量720ml
価格1,470円(税別)
購入名鉄百貨店

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BYに関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 孝の司(こうのつかさ)合資会社柴田酒造場

合資会社柴田酒造場さんオフィシャルサイト

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒に関するブログ

2018/09/19 孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒H29BY

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL

performance.mark("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");