由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生

 昨晩は岐阜県のはざま酒造株式会社さんが醸す、恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生をいただきました。

 由紀の酒-日本酒談義-では、オンライン日本酒会を開催させていただいております。2021年6月13日は恵那山(えなさん)を楽しむ会と言うことで、恵那山(えなさん)を醸す、はざま酒造の岩ケ谷雄之杜氏をお迎えすることができました。その様子は下記のリンクからYouTubeでご覧ください。

 このお酒は、その打ち合わせをさせていただいた時に、酒のひろせさんで購入したものです。試飲した時の印象で、生酒ではありますが、開栓まで少し間を開けました。また開栓後も意図的に引っ張りました。

 とは言え、飲み頃を先に感じたわけでは決してなく、開栓直後から前回バリバリでした。また開栓後に時間を置くと、整うと言うわけでもなく既に十分整っているのですが、引っ張っても崩れなさそうと言うイメージです。

スポンサーリンク

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生 レビュー

 開栓は6月13日(日)で約三週間経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。おりがらみらしく、うっすらと濁りますが、蛇の目は十分確認できます。

 上立ち香は、心地よく華やかに、デリシャスリンゴを思わせるように香ります。「ひだほまれ」や「五百万石」がイソアミル系なのに対して、こちらはカプロン系も使われているとのことで、我が家のストライクゾーンの香りです。

 含むと…、…、杜氏さんのお話では、溶かす方の造りをしているとのことでしたが、おりがらみらしい心地よいさらさらした甘味はあっても、大吟醸らしい範囲のまとまりを感じます。以前は麹米掛米ともに50%精米だったのを、近年麹米を40%精米としたとのことで、確実に良い方向の綺麗な甘みになっています。は甘味のおかげか?少な目に感じるも、中盤から後半にかけて徐々に働きかける。後半は磨いたことの恩恵を受けて、おりがらみらしからぬ美しい捌け

 もう一度注意深く含む。このところビタミンカラー連発ですが、これはルドベキアだ。美しいオレンジがかったイエロー。背景は適度に霞み、味をだす。全面はいかにも元気をもらえそうな、見事に広がる花弁。心地よい花脈の入ったテクスチャー。旨いっす。

 これ、一升瓶価格2,700円(税別)は、驚愕のコストパフォーマンスだなぁ♪

俯瞰のルドベキア

俯瞰のルドベキア 2021-06-29撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZE
f/11、1/13sec、ISO-100、WB-5000K

 この日合わせたのは、アクアパッツァ。長ネギやトマト、アサリ、シメジ、黒オリーブ、白身魚、鶏肉からでた黄金比とも言える旨味のスープは最高。ここに優しい旨味の恵那山が絡む。お試しあれ。


恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生 データ

醸造元はざま酒造株式会社(茨城県結城市)
使用酵母
使用米麹米、山田錦40%精米、掛米、山田錦50%精米
アルコール度16度
仕込水恵那山伏流水(軟水)
杜氏岩ケ谷雄之
製造年月2021/03
容量1.8L
価格2,700円(税別)
購入酒のひろせ

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生に関するYouTube

個別のレビューYouTubeは
comming soon.

由紀の酒オンライン日本酒会「恵那山を楽しむ会」

由紀の酒オンライン日本酒会(恵那山)

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生に関するリンク

日本酒ガイド > 岐阜県 > 恵那山(えなさん)はざま酒造株式会社

はざま酒造株式会社さんオフィシャルサイト

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生に関するブログ

岐阜の地酒に酔う2019in岐阜
岐阜県酒造組合連合会主催の「岐阜の地酒に酔う2019in岐阜」が岐阜駅前のじゅうろくプラザにて開催されたので、チーム由紀の酒(黒Tシャツ軍団)も出撃してきました。
恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒
岐阜県のはざま酒造株式会社さんが醸す、恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒を飲んだ感想。この柔らかな産毛、これは逆光で捉えたルドベキアだ。強い透過光ではないので花弁のグラデーションは全体に柔らかく、産毛のようなトライコームは繊細な質感。思わず二度見するガク部分は余韻。

関連記事

コメント