由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒

 昨晩は岐阜県のはざま酒造株式会社さんが醸す、恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒をいただきました。

 由紀の酒-日本酒談義-では、オンライン日本酒会を開催しております。2021年6月13日は恵那山(えなさん)を楽しむ会と言うことで、恵那山(えなさん)を醸す、はざま酒造の岩ケ谷雄之杜氏をお迎えすることができました。その様子は下記のリンクからYouTubeでご覧ください。

 このお酒は、その時に用意したものです。山田錦のおりがらみと同様に、開栓後意図的に引っ張りましたが、飲み頃を先に感じたわけではなく直後から整っているのですが、引っ張っても崩れなさそうと言うイメージからです。

スポンサーリンク

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒 レビュー

 開栓は6月13日(日)で約四週間経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。スッキリと綺麗に澄んでおり、色もほとんど着いていません。

 上立ち香は、穏やかで明確でないものの白桃を思わせるように香ります。イソアミル系の酵母を使用しているとのことなので、明確に先日の山田錦おりがらみとは印象の違う香りです。派手ではありませんが、大吟醸に感じる気持ち良い吟醸香です。

 含むと…、…、直後から「ひだほまれ」らしい旨味、甘味。酸の影響か?甘味の度合いは強くはなく、産毛の様な柔らかな旨味はふわりと口中にいますが、時間としては僅か。徐々に酸が厚みを増し、拭い去っていきます。終盤のほのかに戻る甘味は、パルスよろしく波を打ったような余韻で面白い。

 もう一度注意深く含む。この柔らかな産毛、これは逆光で捉えたルドベキアだ。強い透過光ではないので花弁のグラデーションは全体に柔らかく、産毛のようなトライコームは繊細な質感。思わず二度見するガク部分は余韻。旨いっす。

 先に紹介した山田錦おりがらみと比較すると、香りの好みを除いても価格が同じであることを考慮し山田錦に軍配は上がるが、食との相性や燗を付けた時の旨味の伸びが「ひだほまれ」は秀逸。

逆光のルドベキア

逆光のルドベキア 2021-06-29撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Apo-Sonnar 2/135 ZE
f/8、1/13sec、ISO-100、WB-5400K

 この日合わせたのは、わかさぎのフライ。総菜で購入してきたものを、ココットプレートで温めました。ほろ苦い旨味を恵那山「ひだほまれ」の旨味が包み込む。お試しあれ。


恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒 データ

醸造元はざま酒造株式会社(茨城県結城市)
使用酵母
使用米麹米、ひだほまれ40%精米、掛米、ひだほまれ50%精米
日本酒度-6
アルコール度16度
仕込水恵那山伏流水(軟水)
杜氏岩ケ谷雄之
製造年月2021/06
容量1.8L
価格2,700円(税別)
購入はざま酒造株式会社

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒に関するYouTube

個別のレビューYouTubeは
comming soon.

由紀の酒オンライン日本酒会「恵那山を楽しむ会」

由紀の酒オンライン日本酒会(恵那山)

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 岐阜県 > 恵那山(えなさん)はざま酒造株式会社

はざま酒造株式会社さんオフィシャルサイト

恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheersひだほまれ無濾過生原酒に関するブログ

岐阜の地酒に酔う2019in岐阜
岐阜県酒造組合連合会主催の「岐阜の地酒に酔う2019in岐阜」が岐阜駅前のじゅうろくプラザにて開催されたので、チーム由紀の酒(黒Tシャツ軍団)も出撃してきました。
恵那山(えなさん)「純米大吟醸」cheers山田錦おりがらみ生
岐阜県のはざま酒造株式会社さんが醸す、恵那山(えなさん)「純米大吟醸」山田錦おりがらみ生を飲んだ感想。これはルドベキアだ。美しいオレンジがかったイエロー。背景は適度に霞み、味をだす。全面はいかにも元気をもらえそうな、見事に広がる花弁。心地よい花脈の入ったテクスチャー。

関連記事

コメント