由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

英君(えいくん)「大吟醸」全国鑑評会出品酒H29BY

英君(えいくん)「大吟醸」全国鑑評会出品酒H29BY

 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒全国鑑評会出品酒をいただきました。

 このお酒は全国新酒鑑評会に出品されたお酒を、丸味屋酒店に生のまま出荷された、所謂チャーリースペシャルです。生涯最高の酒、※1.英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒は、※2.由紀の酒Best of the year 2016となっており、今回紹介するお酒が、その最高の酒のBY違いとなります。

 英君のとびっきりシリーズとして、丸味屋酒店さんから「大吟醸」斗びん囲い、「純米大吟醸」斗びん囲い、「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒と3本購入しましたので、順に紹介していくシリーズ第三弾です。

 開栓は10日前です。いつもの一合蛇の目猪口に贅沢にも八分目ほど注ぎます。色はほとんど着いておらず、比較的綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、心地よくグレープフルーツを思わせるように香ります。全国の出品酒ながら、プンプンではなく上品に香ります。いいですね~この滲み出てくるような香り

 含むと、やっぱり綺麗。ほんのり甘味がつつき出されてきます。甘味の中には僅かな酸が混在しており、その主張を自然と探している自分。後半の余韻は短めで、あっさりと引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。果実から滴り落ちてくるしずく(甘味)を下で待ち構える。ようやく一滴。ふ~っと顔がほころぶ。しかし次の一滴が待てず、思わず吸い付く。じゅわっと染み出してくる甘味。旨いっす。

ハタマス(三重県産)

 この日に合わせたのは、三重県産ハタマスの刺身。初めて聞いた名前ですが、容姿もお顔に付いた脂?も、何だかクエを彷彿とさせます。

 後から調べたところ、ハタマスはマハタで、どちらもハタ科の魚だそうです。体に縦縞があればハタマスだそうで、冬場が旬のクエに対し、ハタマスは夏場が旬とのこと。姿造りだと見分けがつきにくいですね。

 そんなことも知らずに、ありがたみも分からずがっつり頂きました。捌きたてのコリっまではいかないまでも、結構な歯ごたえ、むちっとした食感から口中に広がる甘味。「マジか?これ!相当旨いぞ!」っと親父と二人で絶賛しながらほとんど食べてしまいました。鍋ならもう少し濃いお酒が欲しくなったかもしれませんが、上品な刺身には上品な英君が絶妙のマッチング。お試しあれ。っと書きたいところですが、我が家でもこの組み合わせをもう一度実現するのは結構贅沢です。


英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒全国鑑評会出品酒 データ

醸造元英君酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
使用酵母静岡HD-101
使用米兵庫県産山田錦40%精米
日本酒度+6
酸度1.2
アルコール度16度
杜氏粒來保彦
製造年月2018/06
容量720ml
価格3,500円(税別)
購入丸味屋酒店

英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒全国鑑評会出品酒に関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 英君(えいくん)英君酒造株式会社

英君酒造株式会社さんオフィシャルサイト

英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒全国鑑評会出品酒に関するブログ

※1.これまで自分が飲んできた中で最高の酒、英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒

※2.由紀の酒 Best of the year 2016

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL

performance.mark("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");