由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒

 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒をいただきました。

 これまで自分が飲んできた中で最高の酒は、※1.英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒で、※2.由紀の酒Best of the year 2016となっています。今回紹介するお酒は、その最高の酒の活性滓酒。英君の会などで飲む機会はありましたが、いよいよこのお酒を自宅で飲める日が来るとは♪。

 開栓は英君のとびっきりとして、丸味屋酒店さんから「大吟醸」斗びん囲い、「純米大吟醸」斗びん囲い、「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒と3本購入しましたので、順に紹介していくシリーズ第一弾です。

 開栓は10日前です。開栓には注意が必要な暴君ですので、噴き出したときを想定して大きめのボウルを用意しましたが、必要ありませんでした。いわゆる不発です。

 いつもの一合蛇の目猪口に上澄み部分を五分目ほどと、滓を混ぜたものを五分目ほど注ぎます。上澄みはまずまず澄んだ部分を取ることができましたが、ほどほどの澄み方です。

 まずは上澄み♪。上立ち香は、穏やかながら心地よく洋ナシを思わせるように香ります。アルコール添加された大吟醸としては、香りも大人しい。

 含むと、うわっ♪。旨い!、甘い。え?、軽い。想定していたガス感がほとんどない分、強めに甘味が押し出されてきます。凝縮された旨味を堪能したあとは、綺麗に引き上げていきます。やっぱり、え~酒やぁ。

 次にしっかり滓を絡めたほう。上立ち香は、おっ?、こんなに変わるもの?。香りからして明確に穀物感が混ざりました。

 含むと、こっくりした穀物様の旨味!、もう別物です。滓を絡めただけでこれほど激変するとは!。しかし後半はさすがに大吟醸、綺麗に引き上げていきます。旨いっす。

 この日合わせたのは、自家製サバの燻製。薫香とサバの旨味が、英君の穀物様の旨味と絶妙なコンビネーションを見せてくれました。お試しあれ。


英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒 データ

醸造元英君酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
使用酵母静岡HD-101
使用米兵庫県産山田錦40%精米
日本酒度+5
酸度1.1
アルコール度16度
杜氏粒來保彦
製造年月2018/06
容量1.8L
価格7,000円(税別)
購入丸味屋酒店

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒に関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 英君(えいくん)英君酒造株式会社

英君酒造株式会社さんオフィシャルサイト

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒に関するブログ

※1.これまで自分が飲んできた中で最高の酒、英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲雫酒県知事賞受賞酒

※2.由紀の酒 Best of the year 2016

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL