由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

名古屋サケノマス2018

名古屋サケノマス2018

 2018年08月26日(日)。名古屋駅周辺で大々的に行われる日本酒イベント。名古屋サケノマスに参戦してきました。今回で7回目を数える名古屋最大級のイベントですが、実は初参戦だったりします。

 今回は「岐阜の地酒に酔う」と被っていましたので見送るつもりでいましたが、松の寿の若葉さんが見えるとのことでしたので、迎撃してきました。

 名古屋駅周辺の飲食店さんと蔵元さんがペアを組み、その飲食店さんに行くとペアを組んでいる蔵元さんがワンコイン500円で酒を注いでくれます。もちろんその飲食店さんの用意した肴もワンコインで食べることができます。さくっと飲み歩いて、なかなか会えない蔵元さんにも会える楽しそうなイベントです。

 システムとしては、1,000円で参加証となる手ぬぐいもしくはTシャツを購入しておきます。当日の場合は1,500円です。目立つところに身に着けておき、あとはお目当ての飲食店やお目当ての蔵元がいるところを目指して行くだけ。何軒かまわることになるので、普通に飲食していると結構な金額になってしまいます。


かりんとう&二兎

 丸石醸造社長、若葉さん、栃木から参戦の村上さんと黒Tシャツ軍団(酔っぱらいくまさん、MASAさん、自分、決して蔵元威圧団体ではありません。)は、まずは二兎とタッグを組む、納屋橋かりんとうさんへ。オープニングと言うことで、スタッフの皆さんが記念撮影中でした。便乗してパチリ。深田社長がワッシーに見えるのは自分だけ?。それにしても美人揃いですね~。また別の機会にもお邪魔することになりそうです。

二兎の片部杜氏と由紀の酒メンバー

 ここでは二兎の出羽燦々を頂きました。13時の開始を待つ間に、シュポンと栓が飛んだ時に、これと決めてました(笑)。二兎らしい香り、甘味、そしてほのかなガス感。アテはトウモロコシの天ぷらをいただきました。写真を撮り忘れましたが、なんとトウモロコシが桂むきされ、姿揚げのような状態で出てきました。素晴らしい仕事です。

二兎j社長、若葉さんと由紀の酒軍団

 先を急ぐ若葉さんご一行は、ここで別会場へ。なんと栃木から参戦の村上さんは、夕方から麻布十番納涼祭り2018に参戦とのこと。自分たちより強行軍。自分たちは少々残っていた料理を平らげたあとは、まだ岐阜の会までに時間があったので、別会場へ。

勲碧社長兼杜氏さんと由紀の酒軍団

 お次の会場は炉端のちんちこちんさんです。ちんちこちん…、この地方ではない方に説明しておくと、熱いは名古屋弁で「あちぃー」ですが、液体になると「ちんちん」と言います。そしてその最上級、めっちゃ熱いのは「ちんちこちん」となります。

 ちんちこちんさんとタッグを組むのは勲碧さんです。社長(兼杜氏)がいらっしゃっていたので記念撮影。酒は三種類で、「純米、あらばしり」、「純米、上澄み手詰め」、「夢吟香」。いずれも美味しかったのですが、特に小川酵母だと思っていた「夢吟香」はM310を使用しているとのことで、M310フェチの自分にはうまく感じました。

 その後由紀の酒軍団は「岐阜の地酒に酔う」の二部へ参加のため移動。この日の名古屋はイベントが重なっており、ZEPPでは「食べて飲もまい〜うますぎるがや〜」、ささしまライブ会場では24時間テレビ、また第20回にっぽんど真ん中祭りも開催されており盛り上がっておりました。

岐阜の地酒に酔う2018in岐阜

名古屋サケノマス2018に関するリンク

名古屋サケノマスオフィシャルサイト

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL