由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒

忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒

 昨晩は栃木県の株式会社富川酒造店さんが醸す、忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒をいただきました。

 このお酒の存在を知ったのは2017年6月。池袋の希紡庵さんで「このお酒も明さん好きそうですよ」とお勧めいただき飲ませていただいたのが最初でした。香りも甘味も引きも、どんぴしゃりだったのを思い出します。M310酵母を使用し、グルコース濃度が高くなるような麹を造ってちょっと甘めにし、粕が沢山出るような絞りをしたら自分には入れ食いってことです(笑)。

 ちなみにその時のラベルは愛山がブルーの箔で雄町がシルバーの箔だと言うことは同じですが、グランドは白で、使用米の書かれた肩張りもありました。

忠愛「純米大吟醸」愛山と雄町

 開栓は2週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。無濾過っぽい澄み方をしており、色もほとんど着いていません。

 上立ち香は、心地よく華やかにメロンを思わせるように香ります。おしりが少し柔らかくなったメロン。いかにも熟していいますよ~とアピールしてくるかのような香りです。すでに「ハイぃ~大好き~」って感じになってます。

 含むと、開栓当初にあったアルコール由来の揮発感が、溶け込んだような含み香に変化し、ジンっとくるようなリッチな甘みが瞬間的に広がります。後半は非常に僅かな苦み(アクセント)も愛山らしく、しかしあれだけの甘味を表現したとは思えない切り取られ方。

 もう一度注意深く含む。この切り取られ方!、これは中井精也さんの鉄道写真だ。全体の構図として見せるのは写真家らしい別の主題の美しい写真。でも皆は知っている、どこかに電車(アクセント)が入っているはず!、あっ、あったぁ。旨いっす。

 この日合わせたのは、生牡蠣、蒸し牡蠣。ぷりっとした牡蠣の食感と独特の風味が、忠愛のアクセントと絶妙のマッチング。お試しあれ。


忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒 データ

醸造元株式会社富川酒造店(栃木県矢板市)
使用酵母M310酵母+α
使用米播州愛山50%精米
日本酒度-1.5
酸度1.5
アミノ酸度
アルコール度17度以上18度未満
杜氏大谷努(越後杜氏)
製造年月H30/10
容量1.8L
価格4,185円(税別)
購入月井酒店

忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒に関するリンク

日本酒ガイド > 栃木県 > 忠愛(ちゅうあい)株式会社富川酒造店

株式会社富川酒造店さんオフィシャルサイト

忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒に関するブログ

2018/12/07 忠愛(ちゅうあい)「純米吟醸」美山錦しずく酒

2018/11/26 忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」赤磐雄町しずく酒

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL

performance.mark("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");