由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

多賀(たが)「普通酒」古酒大老

多賀(たが)「普通酒」古酒大老

 昨晩は滋賀県の多賀株式会社さんが醸す、多賀(たが)「普通酒」古酒大老をいただきました。特定名称が書かれていないので、勝手ながら「普通酒」といたしました。

 父が何処かで購入してきたものです。久しぶりの古酒で、何年熟成か気になるところですが、同封されていた説明書には、火入れ平成13年10月19日とありました。少なくとも20年以上経過している古酒のようです。

 また日本酒度もマイナス44とあるので、なっちゃった古酒ではなく古酒用の仕込みをされたと思われます。

 ラベルの題字は彦根の書道家・上木淳吉さんによるものだそうです。

 古酒大老をWEBで検索すると、大老とは近江彦根藩第15代藩主の井伊直弼のことと説明しているサイトが出てきますが、本家WEBサイトでは

小牧・長久手の戦いで先鋒を務めて奮戦し、「井伊の赤鬼」と呼ばれました。

 とあり、直弼の字は出てきません。ゆかりは井伊直政(1602年没)と思われますが、大老職の設置は1638年とされており(所説あり)、赤い外箱には1622年完成の彦根城も描かれているので、5人の大老を拝した井伊家にちなんだものと思われます。

スポンサーリンク

多賀(たが)「普通酒」古酒大老 レビュー

 開栓は11月21日(日)で約一ヶ月経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に三分目ほど注ぎます。色は古酒らしくしっかりと茶褐色で、ほどほどの澄み方です。

 飲用温度は今回は15℃くらいから始めました。上立ち香はかぐわしく、蜂蜜カラメルを思わせる香ばしい香り。いかにもソトロンの影響を受けた熟成古酒らしい重厚感

 含むと、…、まずは甘い!。口当たりも古酒らしいが、その甘さは味醂(みりん)を思わせます。とろっとした粘度も相まって、尖ったところのない古酒独特の丸い表情。後半も長く棚引き、深い余韻にうっとりとさせられます。

 もう一度注意深く含む。思い浮かんだオレンジ色。これはシーマニアだ。五角形に開いた花弁から、蜜が滴り落ちるかのようで、いかにも旨そう♪。開放で捉えた背後でボケるフィボナッチは、まさに旨味の黄金比。旨いっす。


シーマニア 2021-11-04撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZE
f/2、1/500sec、ISO-100、WB-4200K

 二十年もの熟成で得られた深い丸みのある味わいは、この値段も考えると抜群のコストパフォーマンスです。食も進んで、他の燗酒を飲んでいる時に大匙一杯の「古酒大老」と、小匙一杯の冷水を入れると対流がおき、素晴らしい丸味のお燗酒が出来上がりました。幸せになれました♪。

小匙一杯の冷水お燗法は、火入れのスペシャリスト醴泉(れいせん)で有名な玉泉堂酒造株式会社の山田社長に教えていただきました。

 この日合わせたのは、牛丼。我が家の牛丼は吉野家風で、甘味は抑えめ。今回はワインの代わりに味醂を少々投入しました。玉ねぎの甘味や牛脂の旨味を、大老がさらに上をいく旨味で包み込んでくれました。お試しあれ。


多賀(たが)「普通酒」古酒大老 データ

醸造元多賀株式会社(滋賀県犬上郡多賀町)
使用酵母
使用米国産米
日本酒度-44
酸度2.5
アミノ酸度1.5
アルコール度14度
仕込水鈴鹿山系芹川地下水(硬水)150g/ml
杜氏寺嶋敏夫
製造年月R03/10
容量720ml
価格2,095円(税別)
購入

多賀(たが)「普通酒」古酒大老に関するYouTube


↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



多賀(たが)「普通酒」古酒大老に関するブログ

【熟成酒のペアリング】古酒 大老 ✕ ササミとモモ肉の焼き鳥
今回も熟成酒と料理とのペアリングを提案していきます! 今回は、久しぶりの滋賀酒。実はこのお酒、僕が初めて飲んだ熟成酒になります。6年くらい前の試飲会で飲んだのですが、日本酒ってこういう味もあるんだ!美味しい!と驚いていたのを今でも良く覚えています。今思えばこのお酒で熟成酒が好きになったのかもしれません。 熟成酒『古酒 ...

多賀(たが)「普通酒」古酒大老に関するリンク

日本酒ガイド > 滋賀県 > 多賀(たが)多賀株式会社

多賀株式会社さんオフィシャルサイト

関連記事

コメント