由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒

青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒

 昨晩は山梨県の武の井酒造株式会社さんが醸す、青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒をいただきました。

 由紀の酒-日本酒談義-では、オンライン日本酒会を開催させていただいております。その会のゴールデンウィークスペシャルとして、青煌の蔵元、清水さんにも参加いただけました。その時は残念ながら用意できなかったのですが、強烈に飲みたくなったので購入してきました。

 愛知県一宮市の全国区居酒屋、酒房「よし亭」さんでも何度か飲ませていただいていますし、関東でのイベントでも顔を合わせていたので、まさかこのブログに初登場とは思っておりませんでした。お隣の稲沢市で購入できることは聞いていたので、早速仕入れてきた次第です。

 ちなみに画像に付けた英語表記のタイトルはseikoとなっていますが、ブログのタイトルはラベルの表記に倣いsaykohといたしました。

青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒 レビュー

 開栓は7月13日で、二日が経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほんのり黄色いが、綺麗な澄み方をしております。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく、ライチを思わせるように香ります。洋梨のようなイメージもあり、バランスの良い香りです。

 含むと、…、おお、生原酒の割にメリハリは抑えめ甘味優勢酸と絶妙な鈍角で交わる。瑞々しく軽快な雰囲気は瓶やラベルの印象通りで、後半の優しい余韻へと繋がります。全体の上品さは、表記よりも軽いアルコール度数に感じさせます。

 もう一度注意深く含む。この気品。これは雨の日のシェイラだ。オリエンタルユリなだけに妖艶さも兼ね備え、雨滴は瑞々しく細部にまで気遣った描写を見せる。旨いっす。

シェイラ

シェイラ(オリエンタルユリ) 2020-07-13撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Apo-Sonnar 2/135 ZE
f/4、1/160sec、ISO-100、135mm、4800K

 この日に合わせたのは、合鴨の燻製。まじかってなくらいにジューシーな肉汁。燻製の香りも心地よく、そこに程よいメリハリの青煌が寄り添う。お試しあれ。


青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒 データ

醸造元武の井酒造株式会社(山梨県北杜市)
使用酵母つるばら酵母
使用米雄町50%精米
日本酒度+5
酸度1.6
アルコール度17度
杜氏清水 紘一郎(兼蔵元)
製造年月2020/03
容量720ml
価格1,700円(税別)
購入リカーショップはら

青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒 YouTube

青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒 Saykoh junmaiginjo omachi namagenshu

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 山梨県 > 青煌(せいこう)武の井酒造株式会社

武の井酒造株式会社さんオフィシャルサイト

由紀の酒オンライン日本酒会GWスペシャル

青煌(せいこう)「純米吟醸」雄町生原酒に関するブログ

【第1回 武の井酒造 清水杜氏さんを囲む会(青煌の会)@純米狂 (2018年9月8日開催)】 | takezo@純米狂 山梨酒場と日本酒の酔ゐどれ日記
今回は先週の土曜に開催した 【第1回 武の井酒造 清水杜氏さんを囲む会(青煌の会)】 の模様を紹介!!純米狂での蔵元さんを囲む会 今年の第2弾として 都心...

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました