由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2018

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2018

 昨晩は福井県の黒龍酒造株式会社さんが醸す、黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2018をいただきました。

 毎年、この時期だけの贅沢として味わう黒龍の四天王。石田屋、二左衛門、八十八号、しずくの中から、順に紹介していくシリーズ第二弾!、二左衛門です。

 二左衛門についておさらいしておくと、毎年11月に5000本、原酒のまま斗瓶囲いし1年熟成したものの中から、厳選し調整してから出荷されます。昨年との装いの違いは石田屋と同様で、栓を封じる福井の伝統古布、ジャカートで織り込まれた文字が「清酒黒龍斗瓶圍」から「黒龍斗瓶圍」となりました。

 また、裏ラベルも杜氏さんの名前が書かれていないなど、微妙に変化しています。その他としては外装にバーコードがつきました。

 開栓は元旦です。いつもの一合蛇の目猪口に四分目ほど注ぎます。色もほとんど着いておらず、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、いつもよりヘッドスペースがあることが影響してか、やや華やかで心地よくメロンのように香ります。石田屋と香りの系統が同じではありますが、熟成期間の違いもあるのか幾分華やかです。この時点ですでにエレガントな雰囲気が出ています。

 含むと…、綺麗さの度合いは石田屋と甲乙つけがたいが、二左衛門の方が凝縮感があります。一点の曇りもないクリアーな甘みが、シャープに切れ上がっていく。

 もう一度注意深く含む。ぎゅんぎゅんに詰まった密度。分子レベル?、いま口にしたのは何mol分?。ほのか~な甘味とバランスを取るように、あるかないかギリギリの線で酸が仕事をしているよう。たて軸には旨味、よこ軸は時間で、いずれもいつもより大幅にそのスケールを拡大しているが、時間軸は特に想定していたメモリまで来ることなく、ストンと落ちる。旨いっす。

 この日合わせたのは、鶏つくね鍋。出汁にワタリガニかな?、甲殻類の味がしたがこれが旨かった。二左衛門にはやや、味わいが濃い組み合わせだったが、さすが二左衛門!、だから?と言わんばかりの王者の風格で、つくねの旨味を補完してくれました。お試しあれ。


スポンサーリンク

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2018 データ

醸造元黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町)
使用米兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母蔵内保存酵母
日本酒度+2.5
酸度1.1
アミノ酸度1.1
アルコール度15度
仕込水九頭竜川伏流水(軟水)
杜氏畑山浩
製造年月2018/11上
容量720ml
価格10,000円(税抜き)
購入酒のきまた

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2018 YouTube

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門に関するリンク

日本酒ガイド > 福井県 > 黒龍(こくりゅう)黒龍酒造株式会社

黒龍醸造さんオフィシャルサイト

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門に関するブログ

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2020
福井県の黒龍酒造株式会社さんが醸す、黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2020を飲んだ感想。この高貴な青紫の色は、ジュリアンだ。澄んだ空気感までをも写し取るのは、ZEISSのマクロプラナーの仕事。本当に見せたい部分はシャープな描写。後は美しくボケる。

関連記事

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。

コメント