スポンサーリンク

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」Le K voyage(ル・カー ボヤージ)

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」Le K voyage(ル・カー ボヤージ)

 昨晩は愛知県の株式会社萬乗醸造さんが醸す、醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」Le K voyage(ル・カー ボヤージ)をいただきました。

 このところで増えた醸し人九平次のラインナップの中から、協田(きょうでん)と、ル・カー2種類を購入してきましたので、順に紹介していくシリーズ第三弾です。

 フランス語でLe K(ル・カー)、Leは男性名詞につける定冠詞で「まさに」。「Kは、醸し人のK。Kは、九平次のK。Kは、黒田庄のK。」また、voyage(ボヤージ)は文字通り「旅」の意味で、「日本酒を楽しむ旅に出て欲しい。そんな思いを込めました。」とあります。

 醸し人九平次のル・カーシリーズ、また黒田庄における酒米の取り組みは、下記リンク※1.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)、※2.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」黒田庄に生まれて、を参照ください。

 ル・カーシリーズ最大の特徴は14度と言うアルコール度数。原酒で低めのアルコール度数は、テーブルでの取り回しを考えたうえで、四合瓶化とともにこのところ一つのキーワードにもなっているようです。酒化率が低くなるので、原価は高くついていることになります。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。比較的綺麗には澄んでいますが、ル・カーどうしで比べると微妙に透明度はランデブーの方が高く、色は若干ボヤージの方がついています。

 上立ち香は、穏やかながら熟れたバナナのように香ります。うっすらとではありますが、のようなイメージも混ざる。いかにも旨そうな香りです。

 含むと…、くわっと迫りくる酸。ほのかな甘みを完全に上回るパワフルな酸は、以前飲んだ「件の山田」を思い出します。後半も比較的伸びを見せ、長い余韻も楽しめます。

 もう一度注意深く含む。食が進むと、この酸の変化が楽しめるのも九平次らしさ。特にこの日合わせた牛ロース。焼肉のたれ(甘口)も伴って非常に濃い味わいですが、見事に九平次の酸が支えます。洗い流すよくあるパターンではなく、あくまで調和しています。まるで大量のワサビでも脂の乗った大トロの前には、そのとんがりを失くしてしまったかのよう。面白い!、旨いっす。

 カルビでなくても、脂多めの食材であれば、この化学反応の旅を楽しめそうです。お試しあれ。


醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」Le K voyage(ル・カー ボヤージ) データ

醸造元株式会社萬乗醸造(愛知県名古屋市緑区)
使用米兵庫県黒田庄町産山田錦55%精米
アルコール度14度
仕込水愛知と長野の県境、標高1500m山の天然水
杜氏佐藤彰洋(チーフブリュアリスト)
製造年月H29/5
容量720ml
価格1,800円(税別)
購入酒のきまた

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」Le K voyage(ル・カー ボヤージ)に関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 醸し人九平次(かもしびとくへいじ)株式会社萬乗醸造

株式会社萬乗醸造さんオフィシャルサイト

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」Le K voyage(ル・カー ボヤージ)に関するブログ

2018/03/09 ※1.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」ル・カー ランデブー

2015/11/10 ※2.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」黒田庄に生まれて、

2004/06/20 ※3.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」件の山田

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL