由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

梵(ぼん)「純米大吟醸」寒椿

梵(ぼん)「純米大吟醸」寒椿

 昨晩は福井県の合資会社加藤吉平商店さんが醸す、梵(ぼん)「純米大吟醸」寒椿をいただきました。

 今年の4月に由紀の酒突撃隊長のMASAさんと、蔵に併設されている販売所を訪問してきました。この時に購入した、プレミアムスパークリング、初雪しぼりたて生原酒をこれまで紹介してきましたが、順に紹介していくシリーズ第三弾は、寒椿です。

 寒椿の商品説明としてオフィシャルサイトには、0℃以下で1~2年迄氷温熟成されたお酒がブレンドされた、山田錦35%精米歩合の純米大吟醸酒です。素晴らしい吟香と凛とした力強いあと味が自慢で、寒椿の名にふさわしい逸品です。とあります。

 寒椿は11月から2月に開花するツバキ科の植物で、八重咲きの花を咲かせます。「愛嬌」「申し分のない美しさ」と言う花言葉からも、期待が膨らみます。

 開栓は二週間前です。冷凍庫に一旦移し、温度を下げてから開栓いたしました。ここのところ特に低温熟成酒は冷やしすぎかな?ってくらいから飲み始めるようにしています。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。綺麗に澄んでおり、色もまったく着いていません。

 上立ち香は、熟成酒の割に心地よく、華やかにリンゴを思わせるように香ります。久しぶりのリンゴ♪。我が家好みのいい香りが出ています。

 含むと…、綺麗。いかにもあの梵。さすがの梵。磨き抜かれた味わいには、美しい甘味こそ存在するが、圧迫するようなものは何もなく、すべすべしたラウンドエッジで、あっさりと、すっきりと飲ませてくれます。

 もう一度注意深く含む。丸いなぁ♪、ほのかな旨味が馴染むぅ~。こ、これは、今、自分が使っているスマホ、Galaxy Note8だ!。有機ELディスプレイならではのデザインで手に馴染む!。そして花言葉通りの「申し分のない美しさ」。旨いっす。

 この日合わせたのは、パンガシウスのアクアパッツァ。パンガシウス…、どうせ見た目は…な深海魚だろうと検索したら、まさかズーナマ先生だったとは!。味わいはなんの癖もなく、脂もほどほどに乗っている。ダッジオーブンを使ったので、ふっくらと仕上がり結構旨い!。寒椿とは、お互いに癖のないもの同士、なかなかのコンビネーション。アサリの出汁やネギの甘味、トマトの酸味なども生き、エンドレスに飲めそうでした。お試しあれ。

梵(ぼん)「純米大吟醸」寒椿 データ

醸造元合資会社加藤吉平商店(福井県鯖江市)
使用酵母KATO9号(自社酵母)
使用米兵庫県産特A地区契約栽培山田錦35%精米
アルコール度16度
仕込水日野川伏流水
杜氏平野明
製造年月2018/04
容量720ml
価格3,500円(税別)
購入合資会社加藤吉平商店

梵(ぼん)「純米大吟醸」寒椿に関するリンク

日本酒ガイド > 福井県 > 梵(ぼん)合資会社加藤吉平商店

合資会社加藤吉平商店さんオフィシャルサイト

梵(ぼん)「純米大吟醸」寒椿に関するブログ

2018/07/10 梵(ぼん)「純米大吟醸」初雪しぼりたて生原酒

2018/06/24 梵(ぼん)「純米大吟醸」プレミアムスパークリング

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL

performance.mark("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");