スポンサーリンク

新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essence

新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essence

 昨晩は秋田県の新政酒造株式会社さんが醸す、新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essenceをいただきました。

 麹米、掛米共に50%精米と言うことで本来であれば「純米大吟醸」ですが、瓶には特定名称は純米としか書かれていません。X-typeが位置づけとしては「純米大吟醸」なので、こちらは便宜上「純米吟醸」にグループいたします。

 UVカットの表装を取ると、中身は通常のNo.6のS-typeのようです。前回飲んだNo.6のX-typeは透明のステッカータイプのラベルでしたが、また瓶に直接プリントされるタイプとなりました。首にかかっている下げ札には、「本質的要素・真髄」を意味するEssence (エッセンス)。

新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essence

 説明として、

エッセンスとは、圧力をかけずに採取した貴重なお酒です。

 とあります。もろみを多孔質セラミックフィルターを通すという新たな上槽方法で得られるお酒は、圧力がかかっていないので袋吊りのようにきめ細かく、雑味が入らない酒質となります。

 セラミックフィルターがどんなものか知っている人は、そのフィルターの洗浄が大変そうなのが容易に想像できます。一度見てみたいものです。

 開栓は二週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。かなり綺麗に澄んでおり、色もまったく着いていません。

 上立ち香は、穏やかながら心地よくライチのように香ります。おっ、先日のラピスラズリにも感じた上品な香り♪。

 含むと、…、…、うわっ、ぶどうジュース!。新政らしい酸味と甘味は小さめから入り、徐々に膨らんでいく。ぶどうのメリハリ甘味を堪能した後は、やや酸味優勢で引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む、こ、これは!、確率密度関数のグラフだ!。一定のところまで上がったと思いきや、すっとゼロに収束していく。旨いっす。

 この日合わせたのは、貝のお刺身三種盛り、豚しゃぶ胡麻ダレ、チョレギサラダ。この胡麻ダレが絶妙に新政に合う!。酸味の量、旨味の量がいい塩梅です。お試しあれ。


新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essence データ

醸造元新政酒造株式会社(秋田県秋田市)
使用米麹米、秋田県河辺地区産あきた酒こまち50%精米
掛米、秋田県河辺地区産美山錦50%精米
使用酵母協会6号酵母(新政酵母)
アルコール度15度
仕込水雄物川伏流水(軟水)
杜氏佐藤祐輔(兼蔵元)、古関弘、鈴木隆
製造年月2018年01月
出荷年月2018年02月(17NS-01)
容量740ml
価格2,315円(税別)
購入池田酒店

新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essenceに関するリンク

日本酒ガイド > 秋田県 > 新政(あらまさ)新政酒造株式会社

新政酒造株式会社さんオフィシャルサイト

蔵元駄文Ⅱ

新政(あらまさ)No.6「生酛純米」S-type Essenceに関するブログ

2015/09/19 新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-type

2017/11/04 新政(あらまさ)「生酛純米」天鵞絨 2016Viridian(ヴィリジアン)

2018/04/28 新政(あらまさ)「生酛純米」瑠璃 2017 Lapis Lazuli(ラピスラズリ)

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL