磯自慢(いそじまん)「本醸造」しぼりたて生貯蔵

シェアする

磯自慢(いそじまん)「本醸造」しぼりたて生貯蔵

 昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「本醸造」しぼりたて生貯蔵をいただきました。

 磯自慢♪好きなんですよね~。何とか一宮で買えるようになって欲しいものです。自分の住む愛知県では扱いが非常に少なく入手の難しい磯自慢ですが、今回も由紀の酒突撃隊長のMASAさんが入手してきてくれたので飲むことができます。感謝♪

 おかげで本サイト(由紀の酒-日本酒談義-の方)の情報量も増え、13種類の磯自慢を紹介できています。現在は「磯自慢」の検索キーワードでオフィシャルサイトに続いて2番目に由紀の酒の磯自慢紹介ページが表示されるようになりました。

 例によって裏ラベルの文言も引用しておきます。

 しぼりたて本醸造「磯自慢」は、厳選した酒造米を65%まで精白し、南アルプス間ノ岳を源泉とする名水大井川伏流水(軟水)を用いて、冷蔵仕込室で低温でゆっくりと醗酵させます。手造りの麹と自家培養酵母を利用、吟醸香のある本醸造を丹精込めて醸しました。フレッシュな香味を御賞味ください。

 とありました。フレッシュな香味♪楽しみです。

 上立ち香は穏やかで上品にバナナを思わせるように香ります。いかにも静岡♪、穏やかながら上質なイメージのバナナ香。いい感じです。

 含むと、しぼりたてのイメージはほとんどなく、非常に落ち着いたほのかな甘味が、クリアな硬水を連想させるかのように舌をさらえる。引き締まった甘味の底には僅かなミネラルがあり、安定感、安心感を出しているよう。

 もう一度注意深く含む。やはりミネラル、土台にいるミネラルはなんとなく硬さのようにも感じるので、熟成後の変化も楽しめそうです。飲みすすんでいくと、最初に感じた硬水はやや柔らかくなり、舌を撫でるようになりました。ふ~♪と大きく息をする。至福のひと時。旨いっす。

 さらに飲み進み温度が上がってくると、含みに穀物様のイメージ混ざる。旨味濃いお酒が好きな方は、燗も良さそうなイメージです。自分的なオススメはやや冷しすぎたかなぁ?くらいの温度で、クリア感を楽しんでほしいお酒でした。

磯自慢(いそじまん)「本醸造」しぼりたて生貯蔵 データ

醸造元 磯自慢酒造株式会社(静岡県焼津市)
使用米 麹米掛米共、山形県産キヨ錦65%精米
粕歩合 平均31%
使用酵母 NEW-5(静岡酵母)
日本酒度 +4~+5
酸度 1.2
アルコール度 15度以上16度未満
仕込水 大井川伏流水(軟水)
杜氏 多田信男
製造年月 2016年3月上旬
容量 1.8L
価格 1,950円(税別、遠方は送料の違いあり)
購入 MASAさんにお願いしました。

磯自慢(いそじまん)「本醸造」しぼりたて生貯蔵に関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 磯自慢(いそじまん)磯自慢酒造株式会社
磯自慢酒造株式会社さんオフィシャルサイト

磯自慢(いそじまん)「本醸造」しぼりたて生貯蔵に関するブログ

新・へるぞうの御馳走歳時記 > 磯自慢 しぼりたて本醸造

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事