由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問

 昨晩は石川県の株式会社吉田酒造店さんが醸す、手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問をいただきました。

 このお酒は2020年7月27日に、facebookで発表されていた限定販売で、2018年、2019年の出品酒をそれぞれ造り手(タンクごとの醸造責任者)の一筆書き似顔絵入りで販売されたものです。

 2018年はオール純米、2019年はさらにオール山廃とのことで、No.1七代目(吉田泰之七代目蔵元杜氏)と、No.4顧問(山本輝幸能登杜氏)いずれも2018年を購入させていただきました。

 順に紹介していくシリーズ第二弾は「顧問」です。20年前、山本輝幸能登杜氏のお酒を飲んで以来の手取川ファンなので、感慨深いものがあります。

手取川(てどりがわ)「大吟醸」出品酒 2002 優等賞受賞酒

 これが当時の出品酒ですが、片ラベルに平成十四年、金沢国税局新酒鑑評会優等賞受賞酒と書かれています。この日本酒ブログ(由紀の酒)が始まる前と言うことで、遡っても記事はありません。日本の大吟醸や日本酒ラベルのコーナーに残していた感想を載せておきます。

 上立ち香は、心地よくマスカットのように香ります。含むと、すっきりとした中から、湧き出てくるかのようなほのかな甘み。酸をほとんど感じないからこその上品な旨味。異常なほど綺麗に口中からなくなります。旨いっす。by AKIRA

 綺麗な造り、華やかさ、非常に完成度の高いお酒でした。私が飲んだビンテージは残念ながら全国の金賞を逃したようですが、疑問に思うほどの美味しさでした。by YUKI

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問 レビュー

 開栓は3月7日(日)で、1週間経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色は非常に僅かな黄金色で美しく、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、華やかで心地よくマスカットを思わせるように香ります。七代目のお酒同様、じわりと奥から染み出てくるような貴賓あふれる香りです。

 含むと・・・、・・・、唸ってしまうほどの酒質だった七代目に対して、顧問はしばらく絶句!。何という美しさ。思わず背筋を正してしまったあのお酒を思い出します。ポン…、ポンと美しい薄紅の彩(いろどり)を見せたかと思うと、場面変化!。水墨画を思わせるような伝統の奥深さを見せます。酸・・・、もちろんあったのでしょうが気付かぬうちに収束。

 もう一度注意深く含む。この彩(いろどり)!、これは最近ではもっとも唸る描写を見せてくれたZEISS Makro-Planarで写し出した「枝垂れ梅」だ!。絶句するほどの薄紅色シャープに描写する「花脈」、水墨画を思わせる「枝ぶり」。旨いっす。

 ブラインドでの究極の選択…。伝票を見ていなかったので忘れておりましたが、七代目のお酒は全国の出品になったということもあり、このお酒とは価格差がありました。価格差を考慮しなくても我が家的好みは僅差でしたが「顧問」のお酒となりました。出品を決めた二年前はどのような印象の違いがあったのか?。とても気になるところです。

枝垂れ梅

枝垂れ梅 2021-02-23撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/60 AEJ
f/5.6、1/125sec、ISO-100、5350K

 この日合わせたのは、刺身の盛り合わせ。しかも白身と貝数種。上品な刺身の旨味の幅を、手取川が広げ引き出すも、ここでも速やかな収束♪。お試しあれ。


手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問 データ

醸造元株式会社吉田酒造店(石川県白山市)
使用米山田錦40%精米
使用酵母自家培養酵母(金沢系)
日本酒度
酸度
アミノ酸度
アルコール度16度
仕込水霊山白山手取川伏流水(軟水)
杜氏山本輝幸(能登杜氏)
製造年月2020/07
容量720ml
価格3,000円(税別)
購入株式会社吉田酒造店

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問のYouTube

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No 4顧問 Tedorigawa junmaidaiginjo shuppinshu 2018 komon

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問に関するリンク

日本酒ガイド > 石川県 > 手取川(てどりがわ)株式会社吉田酒造店

株式会社吉田酒造店さんオフィシャルサイト

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.4顧問に関するブログ

手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.1七代目
石川県の株式会社吉田酒造店さんが醸す、手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」出品酒2018No.1七代目を飲んだ感想。この彩(いろどり)!、これは雨の日にマクロ撮影した沈丁花だ。心地よい香りに誘われ顔を近づけてみると、シャープな中に見せる水滴の艶。
手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」吉田蔵無濾過生原酒
 昨晩は石川県の株式会社吉田酒造店さんが醸す、手取川(てどりがわ)「純米大吟醸」吉田蔵無濾過生原酒をいただきました。  ゴールデンウィークということで、山中温泉に遊びに行ってきました。このお酒は、泊まったホテルの向かいにあった...
手取川(てどりがわ)「大吟醸」あらばしり生酒26BY
 昨晩は石川県の株式会社吉田酒造店さんが醸す、手取川(てどりがわ)「大吟醸」あらばしり生酒26BYをいただきました。ゴールデンウィークの粟津温泉旅行の時に購入してきたものです。久しぶりの手取川♪。  上立ち香は比較的華やかにマスカット...

関連記事

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました