由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫

越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫

 昨晩は新潟県の妙高酒造株式会社さんが醸す、越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫令和2年産酒をいただきました。

 使用米も山田錦から越淡麗に変わっています。また斗瓶中取りと書かれた槽で搾ったタイプと、斗瓶取り雫と書かれた、袋吊りの2タイプあるようです。

 越乃雪月花は結構好きな銘柄のはずなんですが、前回紹介したのはH26BY。我が家で飲むのは5年ぶりです。ちなみに前回のH26BYもブログを確認すると8年ぶりと書いてあるので、6~8年周期で手に取っているようです。いつでも飲めると思うとなかなか飲めないものです。飲みたいお酒が多すぎるということもありますが・・・。

越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫 レビュー

 開栓はひと月前です。いつもの一合蛇の目猪口に8分目ほど注ぎます。綺麗に澄んでおり、色もほとんど着いていません。

 上立ち香は穏やかながら心地よく、白桃を思わせるように香ります。花のような雰囲気もあり、上品な香りです。

 含むと、…、あ~、この感じ。きめ細やか優しい甘味。中盤から非常に僅かながら、ほんのり酸味。全体的に淡く、後半も綺麗に捌けていきます。やっぱり好きだわぁ~、この感覚。いい酒です。

 もう一度注意深く含む。フレッシュフルーツのイメージもあれど、メリハリと言うほど起伏は激しくありません。これは、ネモフィラだ。淡いイメージはあっても、シャープさを損なっているわけではなく、爽やか。旨いっす。

ネモフィラ

ネモフィラ 2020-04-08撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
f/2、1/3000sec、ISO-100、50mm、WB-5500K

 この日合わせたのは、鮎の塩焼き。これを食べるときは、さすがに香りパンパンの無濾過生原酒ではない方がいいですよね。程よく綺麗な越乃雪月花が、ほくほくの身や、ワタの苦みの間に入り込む。お試しあれ。


越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫 データ

醸造元妙高酒造株式会社(新潟県上越市)
使用米越淡麗50%精米
使用酵母自社酵母(妙高酵母)
日本酒度+4
酸度1.4
アミノ酸度
アルコール度17度以上18度未満
仕込水妙高山系伏流水(軟水)
杜氏平田正行(越後杜氏)
製造年月2020/03
容量1.8L
価格4,000円(税別)
購入酒のきまた

越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫のYouTube

越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫 Koshinosetsugetsuka junmaidaiginjo tobindori shizuku

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫に関するリンク

日本酒ガイド > 新潟県 > 越乃雪月花(こしのせつげつか)妙高酒造株式会社

妙高酒造さんオフィシャルサイト

越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶取り雫に関するブログ

2015/06/02 越乃雪月花(こしのせつげつか)「純米大吟醸」斗瓶中取り26BY

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました