由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦

富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦

 昨晩は静岡県の富士錦酒造株式会社さんが醸す、富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦をいただきました。

 先日、5月31日(日)に富士錦の蔵元、清信一さんと、英君の蔵元、望月裕祐さんをお迎えしてオンライン日本酒会を開催しました。その時に合わせて準備したお酒で、「大吟醸」山田錦と「吟醸」山田錦の二種類を購入いたしました。順に紹介するシリーズ第二弾、「吟醸」山田錦です。

 zoom飲み会当日は、最初の乾杯に先日紹介した、「大吟醸」金。英さんが登場したところで、英君「大吟醸」出品酒。その後はこのお酒を気持ちよく飲んでいましたが、飲み会が終了して冷蔵庫にしまうとき驚愕しました。何とこのお酒の残り約一合弱。

 ここで裏ラベルの内容も引用いたします。

富士錦 吟醸酒 富士山の柔らかな湧水を仕込み水に使い、丹精込めて育てられた、厳選した酒米を使って手造りで仕込み、富士錦の確かな技術によってここに誕生しました。優しい口当たりと華やかな香り、スッと喉を通る爽やかなキレ。富士山の湧水の如く艶やかな味わいの吟醸酒です。冷やしてお召し上がりください。

富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦 レビュー

 開栓は5月31日で、二週間強経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に8分目ほど注ぎます。比較的綺麗に澄んでおり、色もほとんど着いていません。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく、ラムネを思わせるように香ります。酢酸イソアミル優勢なイメージで、時折バナナの雰囲気もあるが、バランスの良い香りです。

 含むと、…、なんてスルスル。高くはないアルコール度数も相まって、引っかかりなくツルツル入ってきます。静岡らしく酸も抑えめ丸味のある口当たり。軽快さを活かし、後半はほのかな余韻のみで潔く捌けていきます。

 もう一度注意深く含む。究極にツルツルしている様を表現するため、またもやカールツァイスのマクロプラナーにご登場いただき撮影しました。ミルクの白背景に艶々のゆで卵。接地面のプルプル感はプラナーの描写ならでは。旨いっす。

ミルク白背景のゆで卵

ミルク白背景のゆで卵 2020-06-21撮影
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100 AEJ
f/11、1/10sec、ISO-100、100mm、7850K、+1EV

 この日合わせたのは、豚ネギマ。旨味十分の豚の脂と、長ネギの旨味がツルツルの富士錦の盃を進め、危なく一人で四合瓶開封飲み切りするところでした。お試しあれ。

 普段の筆者は、晩酌に一合飲むだけです。オンライン飲み会の魔力もあったとは思いますが、飲み過ぎと思われた翌日も快調でした。


富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦 データ

醸造元富士錦酒造株式会社(静岡県富士宮市)
使用米自社栽培山田錦55%精米
使用酵母
日本酒度+3
酸度1.2
アミノ酸度
アルコール度15度
仕込水富士山系伏流水(軟水)
杜氏小田島健次(南部杜氏)
製造年月2020/05
容量720ml
価格1,500円(税別)
購入富士錦酒造株式会社

富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦のYouTube

富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦 Fujinishiki ginjo yamadanishiki

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦に関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 富士錦(ふじにしき)富士錦酒造株式会社

富士錦酒造株式会社さんオフィシャルサイト

富士錦(ふじにしき)「吟醸」山田錦に関するブログ

富士錦(ふじにしき)「純米大吟醸」県知事賞受賞酒
 昨晩は静岡県の富士錦酒造株式会社さんが醸す、富士錦(ふじにしき)「純米大吟醸」県知事賞受賞酒をいただきました。  このお酒は平成16年静岡県清酒鑑評会で第一位(県知事賞)を受賞したお酒で、先日吟醸番さんが来名した時に差し入れして...
富士錦(ふじにしき)「大吟醸」金・山田錦
静岡県の富士錦酒造株式会社さんが醸す、富士錦(ふじにしき)「大吟醸」金・山田錦を飲んだ感想。この優しさ、そして誘導帯でいざなわれた安心感。これは、シマウマだ!。時を忘れ眺めていられる優しい目。そしてゼブラゾーン。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました