由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒H30BY

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒H30BY

 昨晩は静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒H30BYをいただきました。

 現時点で自分が最高だと思っている英君の「大吟醸」斗びん囲いを筆頭に、昨年同様「純米大吟醸」斗びん囲い、「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒の3本を丸味屋酒店さんから購入しましたので、順に紹介していくシリーズ第一弾です。

 大吟醸の濁りと言えば、※1.南部美人(なんぶびじん)「大吟醸」初ばしりもめちゃめちゃ旨いのを思い出しました。また飲んでみたいなぁ。

 開栓は10日前です。開栓には注意が必要な暴君ですが、今回もすんなり開栓することができました。

 いつもの一合蛇の目猪口を二つ用意し、上澄み部分を五分目ほどと、滓を混ぜたものを五分目ほど注ぎました。上澄みはまずまず澄んだ部分ではありますがほどほどの澄み方で、滓を混ぜた部分はさすがに程よく霞んでいます。

 まずは上澄み♪。上立ち香は、心地よく華やかに洋ナシを思わせるように香ります。華やかと言っても過ぎたることはなく、雰囲気の良い香りです。滓の方に関しても差はありませんでした。

 含むと、…、…、ふ~、しみじみ旨い。すっきり甘い英君は、ここでも健在!。僅かなガス感も爽やかさを増幅してくれているよう。後半は、軽快さを活かし潔く収束。滓の方は僅かな口当たりの差はあれど、粘度を増すことはなく、軽快さを損なうどころか、その色の雰囲気も相まって爽やかです。

 もう一度注意深く含む。いいなぁ、このふつふつと出てくる甘味。水面に出来る雨の波紋のように軽やかに広がり、その表情はどこかプルプルして見えます。旨いっす。

水面に出来る雨の波紋と睡蓮

水面に出来る雨の波紋 Shizuku 2019-08-28
SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/60 C MMJ
f/16、1/125sec、ISO-1600、WB-6000K

 この日合わせたのは、ナスの煮びたし、牛タンサラダ、焼き鳥。いろいろな味わいをコンスタントに変えても、英君はその都度レスポンス良く対応してくれました。お試しあれ。


英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒H30BY データ

醸造元英君酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
使用酵母静岡HD-101
使用米兵庫県産山田錦40%精米
日本酒度+5
酸度1.1
アルコール度16度
杜氏粒來保彦
製造年月2019/06
容量1.8L
価格7,000円(税別)
購入丸味屋酒店

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒H30BYに関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 英君(えいくん)英君酒造株式会社

英君酒造株式会社さんオフィシャルサイト

英君(えいくん)「大吟醸」暴君斗びん囲い活性滓酒H30BYに関するブログ

※1.南部美人(なんぶびじん)「大吟醸」初ばしり25BY

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました