風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採り

シェアする

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採り

 昨晩は奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採りをいただきました。笊籬(いかき)採り2種、しぼり華2種の4本を同時購入することができましたので、順に紹介していくシリーズ第四弾です。

 先日はじめて笊籬採りを自宅で飲み、また通常の搾りと飲み比べることで、その素晴らしさに気づかされました。そしていよいよ四本の中ではもっとも高額となる、風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採りの登場です。

 笊籬採り(いかきとり)についておさらいしておくと、ざるのようなスクリーンを仕込みタンクに沈めることで、圧をかけずに上澄みを作りだし、酒粕と清酒に分離する上槽方法です。

 裏ラベルの商品紹介は…、

笊籬採り(いかきとり)
当蔵が独自に開発をした、全く新しい上槽方法です。お酒が無酸素無加圧状態で浸透し、酸化することなく醪から分離されます。溶存酸素濃度を極限まで抑え、香気成分を揮散させず、旨味を壊さず、純粋で透明感に溢れた特別な風の森です。
穏やかでしっとりとした味わいと、華やかすぎない熟れたリンゴを連想させる香りが特徴。スムースな口あたりと、含んだ時の豊かな香り、リッチな味わいをお楽しみください。

 とあります。リッチな味わい♪、楽しみです。

 いつもの一合お猪口に、8分目まで注ぐ。先日の風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬採りと同様に細かい気泡がびっしりとついています。裏ラベルの製造年月が2016.11ですが、2015BYとも表記してあります。BY表示が一般的な上槽時とした場合、上槽してから6ヶ月以上経過していることになります。溶存酸素濃度が少ないと、これほどガス感も保てると言うことなのでしょうか。

 裏ラベルにはYM45の文字も。この表記は通常、酒米、酵母、精米歩合の順に書かれますので、先日の風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華2016BYの場合はAK50(秋津穂、協会酵母、50%精米)となります。山田錦の45%精米はわかるのですが、Mってなんぞや?となります。NETで調べると協会7号酵母との情報もありますが、違うのかもしれません。まさかM310?。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく、マスカットのように香ります。甘味を伴うかのような濃いイメージの香り。これまでの三本にあった麹様の香りは含まれていません。でもM310ではないな。……たぶん。

 含むと、これまた何とも濃密な甘味が、膨らむ!膨らむ!!。甘味がガス感と酸に負けていないので、ジュース感覚で喉を通ります。ネガティブに感じるような雑味がなく、心地よくジューシーな旨みがひとかたまりにまとまっています。

 もう一度注意深く含む。微妙な違和感はパワーと言う個性でまとめあげ、細かさテクニックで飲むものを圧倒する。こ、これは…昨年美術館の異様なほどの行列で知った、若冲(じゃくちゅう)だ!。何という描写力!。旨いっす。

 細かい描写の鶏を、年賀状の挿絵として模写したかったのですが、残念ながらその時間はなし。皆様にはいつものマスコットガールの年賀状が届いていることと思います。(笑)。投函が遅くなりましたので、ちょっと遅れているかもしれません。。

 こちらの画像は例によってAmazonのアフィリエイトリンクです。クリックで購入が決まると、筆者に報酬が発生します♪。内容は、「目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)」と題した単行本です。

[hidepost=1]1.82/2.00[/hidepost]

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採り データ

醸造元 油長酒造株式会社(奈良県御所市)
使用米 山田錦45%精米
使用酵母 謎のM
発酵日数 32
アルコール度 17度
仕込水 金剛葛城山系深層地下水 硬度214mg/l(硬水)
杜氏 松澤一馬
製造年月 2016/11
容量 720ml
価格 2,800円(税別)
購入 酒のきまた

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬(いかき)採りに関するリンク

日本酒ガイド > 奈良県 > 風の森(かぜのもり)油長酒造株式会社

油長酒造株式会社さんオフィシャルサイト

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬(いかき)採りに関するブログ

2016/12/24 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華2016BY

2016/12/30 風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬(いかき)採り

2016/12/28 風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華

応援クリックお願いいたします↓


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事