スポンサーリンク

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)

 昨晩は愛知県の株式会社萬乗醸造さんが醸す、醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)をいただきました。

 このところで増えた醸し人九平次のラインナップの中から、協田(きょうでん)と、ル・カー2種類を購入してきましたので、順に紹介していくシリーズ第二弾です。

 フランス語でLe K(ル・カー)、Leは男性名詞につける定冠詞で「まさに」。「Kは、醸し人のK。Kは、九平次のK。Kは、黒田庄のK。」また、rendez-vous(ランデブー)は文字通り待ち合わせ、会合、デート、会談の意味で、「皆様と巡り合いたい。そんな思いを込めました。」とあります。

 醸し人九平次の黒田庄における酒米の取り組みは、下記リンク※1.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」黒田庄に生まれて、を参照ください。

 特質すべきはアルコール度数。14度と醸し人九平次としては低めの設定。一つの食卓を演出する中で、二人で二合の量をスマートに楽しむには、ちょうど良いように思います。しかし原酒でこのアルコール度数!、造りにおいて溶かしすぎないと言うのがキーワードになりますので、アルコールにならなかった分は粕で出てきてしまいます。原価は高くついていることになります。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。比較的綺麗に澄んでおり、色もほとんど着いていません。

 上立ち香は、穏やかでカシスを思わせるように香ります。先日紹介した協田(きょうでん)より幾分大人しいが、程よい香りです。やはり、この香りをより堪能したかったので吟醸グラスに移し替えました。何故か思い浮かぶ、待ち遠しい夏の情景

 含むと…、不思議な旨味体験Part2。アルコール度数が低い分、確かにライトな印象はあるが、ほのかな酸が九平次らしく肌を焼くようにジリジリとしみ込んできます。甘味も抑えめで、主張しすぎることはなく、酸とのバランスは九平次らしいエレガンス。後半は程よい短めの余韻。

 もう一度注意深く含む。そうか!、先ほど思い浮かんだ夏の情景は、焼かれた葉の夏のにおい。何となくハーブを意識させる複雑さが見え隠れします。しかし決して重いわけではなく、軽快にさばけていくところは湿度の低いすがすがしい夏。旨いっす。

 この日、合わせたのは赤海老のアヒージョ、ローストビーフにはわさびドレッシング。赤海老の甘味を引き立てつつ、オリーブオイルをさらっていく九平次、またわさびドレッシングの酸は九平次との爽やか共演。お試しあれ。


醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー) データ

醸造元株式会社萬乗醸造(愛知県名古屋市緑区)
使用米兵庫県黒田庄町産山田錦50%精米
アルコール度14度
仕込水愛知と長野の県境、標高1500m山の天然水
杜氏佐藤彰洋(チーフブリュアリスト)
製造年月H29/5
容量720ml
価格1,940円(税別)
購入酒のきまた

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)に関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 醸し人九平次(かもしびとくへいじ)株式会社萬乗醸造

株式会社萬乗醸造さんオフィシャルサイト

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)に関するブログ

2015/11/10 ※1.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」黒田庄に生まれて、

2016/04/07 醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」彼の岸(ひのきし)

2015/04/11 醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米大吟醸」山田錦 EAU DU DESIR 2014

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント