鳳凰美田(ほうおうびでん)「純米吟醸」碧判

シェアする

鳳凰美田(ほうおうびでん)「純米吟醸」碧判

 昨晩は栃木県の小林酒造株式会社さんが醸す、鳳凰美田(ほうおうびでん)「純米吟醸」碧判(あおばん)無濾過生原酒をいただきました。

 よく行く近場の酒販店さんには扱いがないため、このお酒もお取り寄せいたしました。久しぶりの鳳凰美田、ブログで紹介するのは実に8年ぶりです。

 行ったことはないのですが行った気にさせてくれるGoogle Earth♪。美しい田園風景のなかに小林酒造さんがあります。地名も小山市美田(みた)地区。この美田に創業当初からの鳳凰金賞と言う銘柄が加わり、特約店限定の銘柄「鳳凰美田」が生まれたとのことです。

 ラベルの横には…

 この商品は「鳳凰美田」の中でもマスカットを基調とする吟醸香を主体とした芳香を特徴としております。お米の甘さ、爽やかで心地よい明るい酸味を味わいのベースとし、早いアタックからスムーズなアフターへ移るシルエットと洗練された質感をお楽しみください。新酒の雫をそのままの姿で一本、一本、丁寧に瓶詰めしており、しぼりたての生酒のため保存は冷蔵暗所にてお早めにお召し上がり下さい。濾過等の処理は一切行っておりませんので、澱などが絡んでいる場合もございますが品質にはまったく問題ございません。グラスに注ぎ、ゆっくりと空気に触れさせて常温に近い状態にまで温まりますと、味わいの膨らみ、米の優しさ、自然な甘み、日本酒だけにしか纏えない芳醇な香、雅な質感、滑らかな味わいなど日本酒の素晴らしさをお伝えできるかと存じます。この度は、弊社商品をお求めいただき蔵内一同心より感謝申し上げます。

 とあります。(句読点、送り仮名はそのまま記載しております)。はい~自分の感想の出番無くなったぁ(笑)。こんなにも、ラベル読む前に感想のメモを残しておいて良かったと思ったことはないっす。

 開栓後一週間が経過しております。上立ち香は比較的華やかにマスカットのように香ります。どこかパインも少し感じさせてくれます。いかにも生原酒っぽいイメージがあり、いい香り出てます。思えばいつも鳳凰美田は好みの香りだった♪。

 含むと、これまた我が家好みの甘味がじゅわっと広がる。薄めのシロップ漬けの八朔(はっさく)にかぶりついたイメージ。何ともジューシーな雰囲気を持ちながら、酸として主張してくるわけではなく、後半も爽やかに切れていきます。

 もう一度注意深く含む。んんん♪、いい甘味だぁ。開栓直後よりも確実に、香りも甘味も増幅しています。旨いっす。突然、かにクリームコロッケをタルタルソースで食べたくなりました。あのピクルスの感じがとてつもなく合いそうです。

[hidepost=1]1.72/2.00[/hidepost]

鳳凰美田(ほうおうびでん)「純米吟醸」碧判 無濾過生原酒 データ

醸造元 小林酒造株式会社(栃木県小山市)
使用酵母 蔵内保存酵母
使用米 麹米、山田錦55%精米、掛米、五百万石55%精米
アルコール度 16度以上17度未満
杜氏 小林正樹(兼蔵元)
製造年月 2015/11
容量 1.8L
価格 3,000円(税別)
購入 はせがわ酒店

鳳凰美田(ほうおうびでん)「純米吟醸」碧判に関するリンク

日本酒ガイド > 栃木県 > 鳳凰美田(ほうおうびでん)小林酒造株式会社

2015/12/22現在、小林酒造株式会社さんオフィシャルサイトは確認できておりません。

応援クリックお願いいたします↓


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. くりのとげ より:

    今期27BYの碧判、確保できなかったんですよね(;´д`)
    本当のところ、冷蔵庫が満席で買うことが出来なかったというのが悲しいところですが…(^▽^;)
    やはり今期も美味しそうですね♪
    仕方ないので、他の新酒を楽しむことにします(≧▽≦)ノ

    • 明@由紀の酒 より:

      我が家もこの時期は冷蔵庫一杯です♪。しかも、高級な品が…一本数えるごとに一万、二万、三万みたいな状態ですが、楽しみな子たちです。
      鳳凰美田は久しぶりだったのですが、やっぱり旨いっすね~。