由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

悦凱陣(よろこびがいじん)「純米大吟醸」燕石(えんせき)

悦凱陣(よろこびがいじん)「純米大吟醸」燕石(えんせき)

 昨晩は香川県の有限会社丸尾本店さんが醸す、悦凱陣(よろこびがいじん)「純米大吟醸」燕石(えんせき)をいただきました。

 色は透明感のある緑黄色。上立ち香はほんのりバニラの様に香ります。含むと幾分華やかなマスカットとも思える果実香が綺麗な酒質とともに膨らみ、この時点で自分好みの上質な酒であることを思わせてくれます。飲み進んで行くと、じわじわとストレートに旨みを伝えてくるところが凱陣らしさなのでしょうか?。快速球ではなく、剛速球といった感じです。どこまでも飲んでいけそう♪

 YUKIにも聞いてみました。
「とろ~ん。あ゛~旨い!」
とのことでした。

 さて、この燕石(えんせき)。気になったので広辞苑で調べて見ると、「玉に似て玉でない石、まがいもの、転じて価値のない物を宝として誇ること」とあります。ん~、どう考えてもこれが名前の由来であるはずがない。。。
 今度はNETで検索してみました。すると「燕が雛のために海から運んできて巣に置くという燕石は、不思議な力を持つというマジックストーンで、この燕石を身につけた女性は安全に子供を出産できるとされています」。おお何とも縁起のいい♪。ちょうど静岡の英君酒造の望月社長に3人目のお子様が出来たというお知らせをいただいたところでしたので、勝手に祝杯を挙げさせていただきました。

 実際は悦凱陣「燕石」の由来は、幕末の志士、日柳燕石(くさなぎえんせき)とのことだそうで、丸尾本店(蔵元)の資料からまとまられた文献が、※「ワタナベ酒店」さんのサイトにありましたので御覧ください。



悦凱陣(よろこびがいじん)「純米大吟醸」燕石(えんせき) データ

醸造元:有限会社丸尾本店(香川県仲多度郡琴平町)
使用米:兵庫県産山田錦35%精米
使用酵母:熊本9号
日本酒度:+6
酸度:1.7
仕込:600kg
瓶詰:17/07
アルコール度:18.0~18.9
仕込水:満濃水系の伏流水
杜氏:丸尾忠興(兼蔵元)
720ml 5,250円(税込み)
購入・・・酒のさいとう

悦凱陣(よろこびがいじん)「純米大吟醸」燕石(えんせき)に関するリンク

悦凱陣(よろこびがいじん)「純米大吟醸」燕石(日本酒ラベル)
※ワタナベ酒店 > 激動の時代を生きた夢とロマンと心意気

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL

performance.mark("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.sakeblog.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");