由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018

貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018

 昨晩は山口県の株式会社永山本家酒造場さんが醸す、貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018をいただきました。

 由紀の酒-日本酒談義-では、オンライン日本酒会を開催しております。先日は、貴(たか)の蔵元杜氏、永山貴博さんをお迎えすることができました。このお酒はその時に用意したものです。

 今後はドメーヌとしての位置づけをさらに明確にしていくと思われるので、造りは自社栽培の山田錦がメインとなると思われます。そう言う意味では、非常に貴重な東条産山田錦を使用した「貴」となります。前回紹介した出品本斗瓶とともに特別にお願いし購入させていただいただきました。

 詳しくは下記のYouTubeリンク、由紀の酒オンライン日本酒会「貴」をご覧ください。

貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018 レビュー

 開栓は8月2日(日)で3週間ほど経過しております。いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。非常にうっすらとではありますが黄色で、綺麗な澄みかたをしています。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく、白桃を思わせるように香ります。安心感落ち着きのある香りです。

 含むと、…、…、旨い。出品酒で程よく酔いがまわり、食も進んでのこのお酒の登場ということで、絶妙な繋がりで楽しませてくれます。おそらく出品酒よりは酸も出ていると思われますが、それを意識することはなく、ただ旨味の幅を広げている感じ。後半の捌け方も出品酒ほどではないものの潔く、膨らみのある分余韻も楽しませてくれます。

 もう一度注意深く含む。この出品酒との繋がり!。これはzeissのアポゾナーと言うレンズで捉えたガーベラだ。ハイキーな中に浮かび上がる花弁は艶(あで)やか。そしてこれからの可能性すら感じる蕾。この蕾が主題のように、全体の構成をまとめています。旨いっす。

ガーベラハイキー

ガーベラハイキー 2020-04-24
SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Apo Sonnar T* 2/135 ZE
f/11、1/20sec、ISO-100、135mm、WB-5900K

 この日に合わせたのは、高菜ごはん、明太子、浜松餃子、麻婆茄子。中盤以降なので口はがっつり中華の状況ですが、貴の膨らみはどこまでも支えます。お試しあれ。


貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018 データ

醸造元株式会社永山本家酒造場(山口県宇部市)
使用酵母
使用米兵庫県東条(松沢地区)産山田錦50%精米
アルコール度16度
仕込水霜降山天然水(軟水)
杜氏永山貴博(兼蔵元)
製造年月2020/07
容量720ml
価格2,500円(税別)
購入株式会社永山本家酒造場

貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018のYouTube

由紀の酒オンライン日本酒会「貴」

由紀の酒オンライン日本酒会「貴」

個別の酒レビューYouTubeは

貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018 Taka junmaidaiginjo tojoyamadanishiki 2018

↓由紀の酒YouTubeチャンネルの登録をお願いいたします。



貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018に関するリンク

日本酒ガイド > 山口県 > 貴(たか)株式会社永山本家酒造場

株式会社永山本家酒造場さんオフィシャルサイト

貴(たか)「純米大吟醸」東条山田錦2018に関するブログ

貴(たか)「純米大吟醸」雫搾り出品本斗瓶2019
山口県の株式会社永山本家酒造場さんが醸す、貴(たか)「純米大吟醸」雫搾り出品本斗瓶2019を飲んだ感想。この気品!。これは自身今期最高の写りだったと自負できるzeissのマクロプラナーと言うレンズで捉えたガーベラだ。穏やかな赤のグラデーション、そして美しい花弁の質感。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました