日本酒談義はGoogole+からfacebookに移行しました。皆様の書き込みをお待ちしております。
スポンサーリンク

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士)

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み(誉富士)

 昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士)をいただきました。

 以前このお酒を紹介した時は、使用米が大井川流域五百万石でしたが、今回は大井川流域「誉富士」になっています。調べてみると昨年から誉富士になったようですが、このお酒自体オフィシャルサイトには記載がありません。

 由紀の酒突撃隊長のMASAさんが入手してきてくれたので飲むことができます。感謝♪。

 今回、磯自慢はブルーボトルあたりの高級なところも含めて何種類か揃いましたので、この誉富士が順に紹介していくシリーズ第一弾です。

 例によって裏ラベルの文言も引用しておきます。

 日本の美しい自然、南アルプス間ノ岳(白峰三山・日本百名山)を源泉とする名水大井川は約170kmの長い道のりを経て当地に湧きでます。その折紙つきの伏流水(軟水)を仕込水に、また大井川流域に広がる志太平野で収穫した、誉富士を55%まで精米し、厳寒の時期に丹精を込めて手造りいたしました。柔らかな米質の誉富士由来のまろやかな香味をお楽しみください。『晻薆あんあい』…「香気」

 とあります。誉富士によるまろやかな香味。楽しみです。

 開栓は一週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんどついておらず、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、穏やかながら心地よく白桃を思わせるように香ります。温度が少し上がってからは、バナナも感じられるようになりました。

 含むと、ふんわりとした柔らかな甘み。放置後は、明確になり飲みごたえとなってくる。後半は酸のサポートが少ない割に、比較的潔く捌けていきます。余韻を楽しめるのも、温度が上がってからか?。

 もう一度注意深く含む。厚みというほどではないにしろ、一定の手持ち感、立毛を思わせる手触り。これは!、小さいながらもこの時期美しく咲く沈丁花だ。香りも良いが、この手触りと厚み。そして産毛の柔らかな感触。旨いっす。

沈丁花

自宅玄関前 沈丁花(じんちょうげ)2019-03-06
SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 MMJ
f/2.8、1/200sec、ISO-100、60mm、WB-4500K

 この日に合わせたのは、鶏の水炊き。大好きな長ネギをふんだんに入れていただきました。鶏のもちっとした食感から口中に広がる旨味。長ネギの甘味。ここに磯自慢の絶妙な手触りと厚みが寄り添ってくれました。お試しあれ。

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士) データ

醸造元磯自慢酒造株式会社(静岡県焼津市)
使用米誉富士(大井川流域)55%精米
使用酵母静岡NEW-5
日本酒度+4~+6
酸度1.2
アルコール度15度以上16度未満
仕込水大井川伏流水(軟水)
杜氏多田信男
製造年月2018年9月
容量720ml
価格1,899円(税別、遠方は送料の違いあり)
購入MASAさんにお願いしました。

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士)のYouTube

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士) Isojiman junmaiginjo ooigawanomegumi kaorutoki homarefuji

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士)に関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 磯自慢(いそじまん)磯自慢酒造株式会社

磯自慢酒造株式会社さんオフィシャルサイト

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(誉富士)に関するブログ

2017/01/06 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(かおるとき)

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました