由紀の酒YouTubeチャンネル、配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

紀土-KID-(きっど)「大吟醸」斗瓶取り全国新酒鑑評会出品酒

紀土-KID-(きっど)「大吟醸」斗瓶取り全国新酒鑑評会出品酒

 昨晩は和歌山県の平和酒造株式会社さんが醸す、紀土-KID-(きっど)「大吟醸」斗瓶取り全国新酒鑑評会出品酒をいただきました。

 このお酒は由紀の酒教授の吟醸番さんが主催された、出品本斗瓶を楽しむ会の時に非常に気に入り、無理を言って分けていただいたものです。鍋島、一白水成、この紀土の3種類ですが、あまりに貴重すぎて開けるタイミングを逸しておりました。お隣さんに素晴らしい焼酎を頂いた時に、一緒に飲みましょうってことで、開栓いたしました。

 紀土のラインナップでは、ソリッドな旨味が好印象な「純米酒」や、今風メリハリの「純米大吟醸」が気に入っておりましたが、コストパフォーマンスが良いという点も好印象です。

 開栓は二週間前です。いつもの一合蛇の目猪口に贅沢にも八分目ほど注ぎます。貴重な酒だけに少し躊躇しましたが、思い切っていつもの量を注ぎました。色はほとんど着いておらず、無濾過原酒らしい澄み方ながら比較的綺麗です。

 上立ち香は、心地よく華やかにリンゴを思わせるように香ります。初めてこのお酒を飲んだときからは一年以上経過しておりますが、状態の良さにまずは安堵。我が家好みのいい香りが出ています。

 含むと、来た♪、出品酒らしい引き締まった綺麗なボディに、出品酒らしからぬ強めの甘味。この甘味で酸はかなり抑えられているように感じます。微妙に昨年より丸いか?。この辺りも状態の良い熟成ができたようで嬉しい変化です。いや、もとが良いからか。後半は僅かな甘みの余韻で、品よく切れていきます。

 もう一度注意深く含む。甘みの割に行儀良い。綺麗に整列しています。ただ綺麗に並んでいるだけではなく、その動きで妖しく魅了されます。これは!、犬山で結成されているよさこいチームの笑゛(じょう)だ。今年のど真ん中まつりでは僅かなポイント差で惜しくも大賞を逃したが、ニコニコ動画の画面では伝わりにくい、隊列変化も美しい。旨いっす。

 この日合わせたのは、サバ尽くし。サバの味噌煮、サバの昆布〆、サバの燻製。出品レベルのお酒でありながら、これら全てのサバの味わいを、見事に彩る。マジかこれ!、楽しい。お試しあれ。


紀土-KID-(きっど)「大吟醸」 データ

醸造元平和酒造株式会社(和歌山県海南市))
使用米山田錦35%精米
アルコール度17度以上18度未満
仕込み水高野山系紀ノ川支流貴志川伏流水
醸造責任者柴田英道(社員杜氏)
製造年月29/06
容量720ml
価格限定24本・非売品
購入吟醸番さんにお願いしました

紀土-KID-(きっど)「大吟醸」に関するリンク

日本酒ガイド > 和歌山県 > 紀土(きっど)平和酒造株式会社

平和酒造株式会社さんオフィシャルサイト

紀土-KID-(きっど)「大吟醸」に関するブログ

2015/03/20 紀土-KID-(きっど)「大吟醸」

2015/03/17 紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」

2015/03/14 紀土-KID-(きっど)「純米吟醸」

2015/03/11 紀土-KID-(きっど)「純米」

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL