奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BY

奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BY

 昨晩は福島県の夢心酒造株式会社さんが醸す、奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BYをいただきました。

 このお酒は先日の岡山遠征時に呼松酒店?に寄らせていただき、道中で飲ませていただくお酒用にと見繕っていただいた中の一本です。縁があったようで、その残りが我が家にやってきました。感謝♪。写真は空となった瓶に水を入れ、封印キャップをかぶせて撮影いたしました。(笑)。

 奈良萬は平成10年に発売開始された銘柄で、平成の名水百選となった飯豊(いいで)連峰東端の栂峰(つがみね)渓流水と、地元農家で契約栽培された低農薬五百万石を使用し、福島県で開発された「うつくしま夢酵母」で醸されている、地元にこだわった銘柄です。

 H7BYって?ってことで、裏ラベルを確認してみると細かくスペックが書かれていました。使用米に兵庫県産山田錦の記載も…。使用割合は80%の五百万石に対し、20%とありますので麹米に使用していると思われますが、山田錦も使用している貴重な奈良萬のようです。さすが呼松酒店!。

 裏ラベルには…、

米をぜいたくに磨き上げ、飯豊山系の清冽な地下水を低温でたっぷり時間をかけて醸し出された酒、奈良萬。やわらかな甘みと、滑らかな旨味が調和しバランスの良いまろやかな味わいをご堪能ください。

 とあります。出荷から歳月が流れていますが、楽しみです。

 上立ち香は、リキュールを思わせるように香ります。熟成から来るものもあるとは思いますが、奇跡的に老酒様の香りはしません。素晴らしい保存状態だったようです。

 含むと、おお、20年の経過を思わせない旨味、へたれていない芯を感じます。期待したような熟成の円みは僅かながら、心地よいほのかな甘味

 もう一度注意深く含む。新たな低温熟成酒の可能性を感じるような酒質。出荷時の酸は決して高くはなさそうですが、形作っている枠が存在し崩れていません。今までに飲んだ奈良萬のバランスの良さの前身を見る思いです。貴重な経験をさせていただけました。旨いっす。



奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BY データ

醸造元 夢心酒造株式会社(福島県喜多方市)
使用酵母 うつくしま夢酵母(F7-01)
使用米 麹米、山田錦48%精米、掛米、五百万石48%精米
日本酒度 +4
酸度 1.3
アミノ酸度 1.2
アルコール度 15度以上16度未満
仕込水 飯豊山伏流水
杜氏 下條勇雄(越後杜氏)
製造年月 1996/05
容量 720ml
価格 非売品
購入 備前焼さんにいただきました。

奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BYに関するリンク

日本酒ガイド > 福島県 > 奈良萬(ならまん)夢心酒造株式会社

夢心酒造株式会社さんオフィシャルサイト

奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BYに関するブログ

2008/04/16 奈良萬(ならまん)「純米吟醸」

2008/04/15 奈良萬(ならまん)「純米」無濾過瓶火入れ



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。