獺祭(だっさい)「普通酒」等外23

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23

 昨晩は山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「普通酒」等外23をいただきました。

 先日紹介した等外米を使用した獺祭も美味しかったのですが、このお酒はさらに米に磨きをかけたものだけに期待も高まります。精米歩合は23%。あくまで等外米使用のものなので、特定名称はつけることができず、普通酒です。

 等外米を使用するに至った経緯は、先日のブログにも記載しましたが、今回紹介する等外23は新製品です。山田錦を生産している農家さんを支援するためとは言え、等外米の入荷量が今年は何と13000俵。また先に商品化している等外のできも良く、「これで二割三分まで磨いたら…」と言う好奇心もあって開発に至ったようです。

 昨年と比べて等外米もこれだけ量が多ければ、青米等が異様に多いルール違反の様なロットもあったそうです。これを等外を前面に謳うとは言え、獺祭ブランドとして出す以上はそれなり以上のものにしなければならないと言うことで、結構な苦労があったようです。そんな苦労が※1.蔵元のメールマガジンに掲載されていましたので引用します。2016年4月14日のものです。

再選抜して粒をそろえればいい。青米だって色彩選別機にかけてふるい落とせばいい。ということで、ふるってみました。中には4割以上ふるい落とされてしまうロットの等外米も。でも、なんとかなる。やってみたら、なんとか三等米程度にはなりそうです。これならいける。「米は実際余って困るほどあるんだから、これで二割三分まで磨いて造ってみよう」「もちろん等外米だから正規の純米大吟醸表示にはならないけど、大方の純米大吟醸には互角の勝負を挑めるんじゃないの」そんな経緯が社内でありまして、今回の「獺祭等外23」の発売になったわけです。落ちが速い等外米という特性も考慮して、生酒で出します。なるべく一か月以内には飲んでいただきたいわけですから。
出典:蔵元日記【獺祭等外の新製品】

 再選抜して粒も揃え、さらに23%まで磨いた等外、楽しみです。

 上立ち香は、心地よく華やかで、マスカットのように香ります。飲んでもいないのにこの時点ですでに安定感を感じるような、心を穏やかにしてくれるような香りの出方です。

 含むと、おお、綺麗ぇ~♪。磨き23が自分の中ではイメージが増幅され、しかも昔の遠心分離のイメージまで混ざって、スペシャルクリアな印象なので、比べると違うような気もするが、一升瓶換算価格で5,000円を切るようなお酒のレベルではないのは確か。おっ!、余韻として僅かに残る口中の甘味もイイ!。

 もう一度注意深く含む。しっとりと、しみじみと旨い。この優しい甘味、これは!、にじみ出てくる野菜の甘味だ!、時間が経つと消えてしまう。もう少し強ければ屋守に通じるような…。しかし儚いからこその獺祭か。

 こうなると先日の等外との差は?となるのだが、ヤマメの等外に対し、イワナの等外23と言った感じで、ちゃんと棲み分けが出来ている。いずれも旨いっす。


獺祭(だっさい)「普通酒」等外23 データ

醸造元 旭酒造株式会社(山口県岩国市)
使用酵母 蔵内保存酵母
使用米 等級外山田錦23%精米
アルコール度 16度
杜氏 西田英隆(取締役製造部長)
製造年月 2016/11/01
容量 720ml
価格 2,300円(税別・箱なし)
購入 佐野屋酒店

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23に関するリンク

日本酒ガイド > 山口県 > 獺祭(だっさい)旭酒造株式会社

旭酒造株式会社さんオフィシャルサイト

※1.蔵元日記【獺祭等外の新製品】

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23に関するブログ

2016/11/18 獺祭(だっさい)「普通酒」等外

2013/07/04 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分

2004/07/02 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分、遠心分離

日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ。( ´ ω`) > 【アタック】獺祭、等外23の味。【23】



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。