聚楽第(じゅらくだい)「純米吟醸」

シェアする

聚楽第(じゅらくだい)「純米吟醸」

 昨晩は京都府の佐々木酒造株式会社さんが醸す、聚楽第(じゅらくだい)「純米吟醸」をいただきました。このお酒は職場の友人が、京都のお土産にと購入して来てくれたものです。感謝。

 京都の佐々木酒造さんと言えば、今をときめく俳優、佐々木蔵之介さんの実家であることは有名ですが、この蔵のお酒は今まで縁がなく、外飲みも含めて初めてなので楽しみです。

 銘柄の由来は、豊臣秀吉が自分の家として建てた聚楽第のあった南端に現在蔵があることからで、茶をたしなむ秀吉は水の良いこの地を選んだとか。

 オフィシャルサイトの説明には…

京都産米を原料に、濾過などを差し控えて米の旨み、香りをそのままに瓶詰めした自然流の純米吟醸酒です。まろやかな口当たり、キレの良い喉ごし。

 とあります。京都産米と言えば、祝米が思い浮かびますが、ラベルやオフィシャルサイトには残念ながら記載はありません。さて聚楽第の名水から醸された、まろやかな口当たり、キレの良い喉ごしはいかに。

 上立ち香は、比較的華やかでリンゴの様に香ります。おっ。久しぶりのリンゴ♪。含むと、原酒に慣れてしまっている舌に心地よい、低アルコールを思わせる15度らしい軽やかな口当たり。あっちゃ、こっちゃと散らばることなく、一定の範囲で旨みを堪能した後は、比較的速やかに引いていきます。甘味は少な目でスッキリと飲ませてくれます。

 外角低めのストレートをスパンっとストライクゾーンに投げ込まれました。見逃してました。旨いっす。

聚楽第(じゅらくだい)「純米吟醸」 データ

醸造元 佐々木酒造株式会社(京都府京都市)
使用米 京都産米60%精米
アルコール度 15度
杜氏 田中豊人
仕込み水 聚楽第跡地下水「銀明水」
製造年月 H27/6E
容量 720ml
価格 1,404円(税抜き)
購入 頂き物

聚楽第(じゅらくだい)「純米吟醸」に関するリンク

佐々木酒造株式会社さんオフィシャルサイト

聚楽第(じゅらくだい)「純米吟醸」に関するブログ

たけぼうの酒遍路 > 日本酒・聚楽第 純米吟醸
食う?寝る?遊ぶ? > 聚楽第(じゅらくだい) 純米吟醸

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事