夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BY2本目

シェアする

夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BY

 昨晩は長野県の株式会社小野酒蔵店さんが醸す、夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BYをいただきました。

 このお酒もコストパフォーマンスがよいので、見つけたら我が家に保護してあげることにしています。春にも飲んでいますので、今年2本目となります。BY表示で迷ったのですが、オフィシャルFacebookを参照するとH27BYの第一号は11月29日のにごり生酒とのことなので、この11月瓶詰の辰の吟なまざけは26BYのようです。

 島崎藤村の代表作「夜明け前」との関係については、春にUPした記事をご覧ください。さて、※1.あのときの桐谷美玲さんはどのように変化したか?。

 オフィシャルサイトの商品説明では、杜氏のコメントとして…

 美しくなめらかな吟醸香味が華やぎ、味わいはビロードのようです。

 とあります。このビロード(ベルベット)についてはご存知の方も多いとは思いますが、自分は織物は以前専門にしておりましたので少し解説します。

 通常織物は経糸と緯糸を交錯させますが、このビロード(ベルベット)の織り方は特殊で、二重織り(表生地と裏生地を同時に織る)の表裏をつなぐ形で織り込まれた糸をカットすることで、2枚のビロード(ベルベット)ができます。カットされる糸は地となる糸に比べて、撚りのあまいシルクなどを使うことが一般的で、カットされると表面にびっしり詰まった立ち毛となることから、独特のやわらかい風合いと光沢が生まれます。

 その風合いがとても肌触りがよいので、ワインやお酒にも形容されるのですが、もちろんそのもの自身が飲めるわけではありません(笑)。さて、ビロードのような舌触り…楽しみです。

 上立ち香は比較的華やかで心地よく、メロンを思わせるように香ります。蔵元にて半年以上、生のまま熟成されていますが、ネガティブなものは何もありません。含むと、黒龍「石田屋」や梵「超吟」といったような、今までに感じたビロードの雰囲気には及ばないものの、春に飲んだときよりも幾分なめらかな仕上がり。後半も綺麗に切れ上がっていきます。旨いっす。

桐谷美玲さんの2016年 カレンダー

 なるほど~、桐谷美玲さんが和服着てたたずんでいる♪。なんともしっとりとした優雅な時を感じさせてくれます。そして忘れてはいけません。2,200円なんです。相変わらず素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

 この画像はアマゾンのアフィリエイトリンクです。クリックから購入が決まると、筆者に報酬が発生します♪。リンク先は

桐谷美玲 2016年 カレンダー 壁掛け B3

です。残念ながら合法的な和服姿の桐谷美玲さんは見つかりませんでした。

夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BY データ

醸造元 株式会社小野酒蔵店(長野県上伊那郡辰野町小野)
使用米 兵庫県産山田錦60%精米
使用酵母 アルプス酵母
日本酒度 +5
酸度 1.1
アミノ酸度 0.8
アルコール度 15.0度以上16.0度未満
仕込水 中央アルプス(霧訪山)伏流水
杜氏 佐相道宏(南部杜氏)
製造年月 27/11
容量 1.8L
価格 2,200円(税別)
購入 酒商マルタカ

夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BYに関するリンク

※1.あのときの桐谷美玲さん↓
2015/05/14 夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BY(日本酒ブログ)
日本酒ガイド > 長野県 > 夜明け前(よあけまえ)株式会社小野酒蔵店
株式会社小野酒蔵店さんオフィシャルサイト

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事