若波(わかなみ)「純米吟醸」

若波(わかなみ)「純米吟醸」
 昨晩は福岡県の若波酒造合名会社さんが醸す、若波(わかなみ)「純米吟醸」をいただきました。由紀の酒の常連様に教えていただき、気になっていた銘柄です。「生は間違いなく明さん好みですよ、来年まで待ちましょう。」とのことでしたが我慢できず火入れを購入いたしました。

 開栓は3日前でその時は数々のとびっきりと共に頂きましたが、開栓直後より空気に触れて落ち着いてからの方がパフォーマンスを発揮しそうだったのでブログへのUPは今日まで引っ張りました。

 上立ち香は心地よく華やかで、バナナにややラムネ混ざる、芳香族の感じ。含むと、間違いなく好みの強めの甘味。嫌みのなさは酸との絶妙のバランス。何だろうこの甘味・・・、もう少しで思い浮かびそうというところで、するりと逃げていく。もう一度注意深く含む。追いかけると逃げていく陽炎(かげろう)のようだが、今度は少し捕まえた感じ。丸い滑らかな酸は、乳酸?・・・しかし頼りないわけではない。後半は喉の奥の方でジーンと痺れと言うと大袈裟だが、辛味と共に複雑さを演出し切れていきます。旨いっす。いやこれ面白いっす。



若波(わかなみ)「純米吟醸」 データ

醸造元:若波酒造合名会社(福岡県大川市)
使用酵母:秋田今野株
使用米:麹米、福岡県糸島産山田錦、掛米 福岡県三猪産夢一献
精米歩合:55%精米
日本酒度:+2
酸度:1.6
アルコール度:16度
製造年月:14/07
杜氏(醸造責任者):今村嘉一郎(兼蔵元)
720ml 1,500円(税抜き)
購入・・・酒泉洞堀一

若波(わかなみ)「純米吟醸」に関するリンク

若波(わかなみ)「純米吟醸」(日本酒ラベル)
若波酒造合名会社さんオフィシャルサイト




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。