雨後の月(うごのつき)「純米大吟醸」愛山

雨後の月(うごのつき)「純米大吟醸」愛山

 昨晩は広島県の相原酒造株式会社さんが醸す、雨後の月(うごのつき)「純米大吟醸」愛山をいただきました。

 雨後の月は兵庫県特A地区の「山田錦」、兵庫県東条地区の「愛山」、岡山県赤磐地区の「雄町」、など最上の酒米を吟味して使用。すべての造りを大吟醸造りし、醸した後は専用の冷蔵庫で、全品を丁寧に保存熟成しています。

 飲むたびに、他にもいろいろ飲んでみたいと思わせてくれる雨後の月ですが、近くに取扱店がないためいつも取り寄せとなり、間隔があいてしまいます。鑑評会の一般公開や居酒屋さんなどではいろいろ飲んできましたが、自宅でじっくりと飲むのは、「純米吟醸」雄町、「純米吟醸」山田錦に続いて三本目です。いよいよ「純米大吟醸」の愛山♪。

 オフィシャルサイトの商品紹介には、

全て山田錦の産地である兵庫県特A地区の愛山を使用。きれいで上品な甘み、食中酒にぴったり!純米大吟醸の王道としてふさわしいお酒です。

 とありました。純米大吟醸の王道、楽しみです。

 上立ち香は結構華やかで、メロンのように香ります。最近飲んだ中ではもっとも華やかながらまったく嫌味がなく、我が家好みのいい香りが出ています。協会9号酵母単体でも結構香るもんですね、確かに大吟醸らしくうっとりしてしまいます。

 含むと、適度なメリハリの中で好みの甘味が躍る。酸味はあるのだろうが、ほとんどそれと感じさせず、バランスよく甘味と馴染んで飲ませてくれます。なんとも心地よい甘味。後半で愛山らしい渋みが来るかと思いきや、それすら飲み込んでしまうほどの※1.poco a poco(ポコアポコ)小出しされる甘味のバランス。

 もう一度注意深く含む。鼻に抜ける含み香が、いかにも上質でエレガントな雰囲気を出しています。そして強くはないが、場の空気を読んでいるかのような甘味。出すぎることなくしかし確実に舌を包み込んでくれます。後半は見事な※2.dim.(ディミヌエンド)、旨いっす。

※1.poco a poco(ポコアポコ):少しずつ
※2.dim.(ディミヌエンド):だんだん弱く



雨後の月(うごのつき)「純米大吟醸」愛山 データ

醸造元 相原酒造株式会社(広島県呉市)
使用酵母 協会901号酵母
使用米 兵庫県産特A地区特等愛山50%精米
日本酒度 +2
酸度 1.5
アルコール度 16度
仕込水 野呂山系伏流水(超軟水)
杜氏 堀本敦志
製造年月 28/02
容量 1.8L
価格 4,500円(税別)
購入 佐野屋酒店

雨後の月(うごのつき)「純米大吟醸」愛山に関するリンク

日本酒ガイド > 広島県 > 雨後の月(うごのつき)相原酒造株式会社

相原酒造株式会社さんオフィシャルサイト

雨後の月(うごのつき)「純米大吟醸」愛山に関するブログ

2016/02/27 雨後の月(うごのつき)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒

2005/06/23 雨後の月(うごのつき)「純米吟醸」広島雄町無濾過生原酒




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。